ウェブマガジン ムーCLUB

武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?/遠…

新型コロナウイルスによるパンデミックは2019年末から世界を一変させて しまったが、今、ある小説が話題となっている。ディーン・クーンツによる1981年の作品だが、「中国・武漢の研究所から殺人ウイルスが持ち出される」という設定なのだ。はたしてこれは予言だったのか? フィクションが現実化してい…