ウェブマガジン ムーCLUB

ダークマターと恐竜絶滅の謎 最新宇宙論が語る地球大激変の真実/水野寛之

地球に生命が誕生してから約38億年、数多くの生物種が出現したが、短期間のうちに大多数の種が姿を消す「大量絶滅」が何度も発生している。 これまでは、天体の衝突による地球環境の変化が大量絶滅を引き起こしたと考えられてきたが、最新の研究で、さらに宇宙規模の原因があったとする新たな仮説が登…

プラズマ宇宙論が語る惑星進化の謎!「冷たい太陽」の科学/ToM

宇宙はわれわれが思い描くような世界ではない。 最新の科学理論と秘教世界の伝統が明かす、宇宙の本当の姿――。 それは輪廻を繰り返し、進化を遂げるダイナミックな世界だった! 文=ToМ プラズマ宇宙論とはいったい何か?  本誌読者なら、「プラズマ宇宙論」という言葉は聞いたことがあるだろう…

異端の天才発明家ニコラ・テスラと異星人の密約/南山宏・綺想科学論

交流電流の実用化をはじめ、現代のわれわれの生活を支える科学技術に偉大な業績を残してきた天才発明家ニコラ・テスラ。その異能の才ゆえか、彼の人生、発明・研究には、数々の奇妙な逸話が伴う。 そうした都市伝説のなかでも近年、テスラ自身が記した"異星人通信"にまつわる驚愕の新情報が発掘され…

宇宙に時間は存在しない!! ループ量子重力理論が解き明かす超常現象の謎/久野友萬

最新宇宙論のループ量子重力理論によれば、宇宙には時間が存在しないという。ここでいう「ループ」とは宇宙を構成する最小単位のこと。これが重力を生みだし、ネットワークとなって宇宙を形成していると考える。 この理論では、時間も量子のひとつとされるため、過去・現在・未来という一方向の流れが…

史上最強生物「クマムシ」の謎 不死身の生命体は宇宙で進化した!!/権藤正勝

地球の生命の起源は宇宙にあるとする仮説がある。 近年、この仮説を裏づけるような生物の驚くべき能力が解明されている。 微小生物クマムシもそうした生物のひとつだ。その驚異的な能力は、まるで宇宙環境に適応するために備わったかのようだ。 文=権藤正勝 放射線にも耐える最強の生物  地球上最…

脳がない粘菌が銀河の大規模構造を再現! 宇宙=粘菌生命体説/権藤正勝

動物のように動いて捕食し、菌類のように子実体たいを形成する粘菌。動物でもなく植物でもない何とも不思議な生物である粘菌には、スーパーコンピューターにも負けない優れた能力が備わっていた。 その能力は、これまでだれも知り得なかった宇宙の秘密まで解き明かそうとしているのだ! 文=権藤正勝 …

加速する膨張で真空が裂ける!? 最新理論「宇宙崩壊」の謎/水野寛之

命あるものにはみな寿命があるように、われわれが存在しているこの宇宙にも、いつかは終焉の時が訪れる。 これまで、宇宙の終わりは静かに、そして果てしなく遠い未来にやってくると考えられてきた。 だが、最新の研究によって、宇宙が急激に崩壊し、消滅してしまう可能性がでてきたのである! 文=水…

地球人は異星人だった!! 先進生物人類干渉理論が解き明かす人類進化の秘密/南山宏・綺…

世界各地には、天空より降りてきた神々による文明干渉の神話伝承が数多く残されている。これが意味するのは、すなわち、異星人種族が人類の歴史に深く関与してきたということである。 宇宙物理学者ウォードの提唱する理論を基に、その詳細を検証する! 文=南山 宏 地球各地に伝わる"天下った神々"…

禁断の”遺伝子設計”! 「人工生命体」の最前線と進化の謎/中野雄司・総力特集

自分たちの手で新たな生命体を創りだすーー。神の領域への挑戦は、錬金術から化学へ、そして分子生物学へとつながった。 その悲願は、ついに2016年6月、親をもたない人工ゲノム生物、ミニマル・セルの誕生で実現に明確な一歩が踏み出されている。 それは、現代に再び起こる新たな進化を予感させる偉業…

500

新型コロナと最新「ウイルス進化論」…パンデミックと人類史/中野雄司・総力特集

世界中を混乱に陥おとしいれる、新型コロナウイルス——。 ニュースは連日、感染者数を伝え、おびえた人々は、自粛(じしゅく)生活を余儀なくされている。 だが——。ウイルスの本質は「恐怖」にあるのではない。 それは、生命の「進化」を司ることにあった‼ (ムー 2020年12月号掲載) 文=中野雄…

500