マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投… もっと読む
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#90年代

戦艦USSウィスコンシンと巨大円盤形物体が交戦! アメリカ海軍とUFOの知られざる秘密戦争/南山宏

米海軍とUFOとの関わりは70年以上に及ぶ。そのほとんどは、今年6月、米国防総省が発表した3本のUFO映像が物語るように、"未知との遭遇"においては監視、調査、追跡が主体的な態度だ。 だが、秘められた歴史の間には、米海軍がUFOに攻撃をするというにわかに信じがたい驚愕の事件があった! 文=南山 宏 イラストレーション=坂之王道 P A R T 1 ペンタゴンがついに認めた!機密解除された3つのUFO映像 ロズウェル──  といえば、UFOについて多少なりとも関心がある人な

スキ
10

「ほっといてくれよ」ーーそうはいかない人面犬騒動・前編/黒史郎・妖怪補遺々々

1990年前後、世間を騒然とさせまくった怪異、人面犬とはいかなる存在だったのか? いま一度、振り返ってみよう! ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ! 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 人は人面を捜しつづける 天井に浮かびあがる苦悶の表情の染み。しかめっつらの奇岩奇石。ジンメンカメムシ。火星の人面。アルバムの写真の中のシミュラクラ。  私たちはあらゆるものから「人面」を見いだして

スキ
21

飯田譲治が語る「超能力の真実」 TVアニメ「NIGHT HEAD 2041」放送記念インタビュー

超能力を持つ者の苦悩を描いたTVドラマ「NIGHT HEAD」が、新作TVアニメ「NIGHT HEAD 2041」となって復活! 近未来を舞台に、超能力者と精神エネルギーを否定し取り締まる国家保安隊が対峙するディストピアが提示される。 「NIGHT HEAD」の生みの親であり、新作アニメで原作・構成・脚本を務める飯田譲治氏に、2021年に送り出す超能力者、超常現象についてインタビュー。超能力を“実在するもの”と実感させた、ある人物とは……? 構成=高野勝久 撮影=我妻慶一

スキ
20

『地獄先生ぬ~べ~』真倉翔&岡野剛インタビュー 鬼の手のデザインとお色気シーンの制作秘話とは?

1990年代に『地獄先生ぬ~べ~』で大ヒットを飛ばした“鬼漫画”の先駆者であり、現在も、最強ジャンプで第3シーズン『地獄先生ぬ~べ~S』を連載中! 原作者・真倉翔先生と作画担当の岡野剛先生へのインタビュー、後編です。 前編はこちら 文=山内貴範  #ムー民クリエイター 協力=真倉翔、岡野剛、集英社 現実にありそうな恐怖と怪奇を絵にする――私は小学生の頃、『ぬ~べ~』に出てくる妖怪のリアルな描写が衝撃的で、怖くて眠れなくなり、トラウマになりました。同様に感じた子どもは少な

スキ
27

Black Eyed Kidが大人になっていた!? 時をかける都市伝説怪人/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、90年代に話題となった「BEK」、Black Eyed Kidの現在について。あれから約30年……キッドは、すっかり大人になっていた!? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 大人BEK=Black Eyed Adult 1990年代アメリカで話題になったBlack Eyed Kid(BEK)。白目がない、文字通り真っ黒な目をした子供たちのことである。目撃者によると、彼らは大体2人組で行動しており、「トイレを貸して

スキ
9

ロズウェルで目撃したUFO墜落の痕跡/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(5)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回はこちら 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ繰り出すことになる。  調査の中で、アメリカ大陸

スキ
13

ソコロUFO墜落現場と謎の駐屯地/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(4)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回はこちら 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ繰り出すことになる。  調査の中で、アメリカ大陸

スキ
7

天空の神と人を結んだ”アナサジ”を追う!/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(2)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 前回までのあらすじ  1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ

スキ
14

UFO墜落現場を結ぶヴォルテックス・ラインと異邦人アナサジの謎/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(1)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はネバダ州ラスベガスの近くにある

スキ
15

トブぜ…!? ブレインマシンKASINAで脳内にGoToTrip/石原まこちん・漫画ムーさんぽ

都市伝説ウォッチャーの漫画家・石原まこちんが散歩気分で高みを目指すルポ漫画! 世間が”GoToの是非”に揺れる今、われわれが選んだ行き先は……国内旅行のトラベルでなく、脳内旅行のトリップだ! 漫画=石原まこちん 取材協力=八幡書店 第6回「満蔵寺の河童の手」はこちら。  #ムーさんぽ KASINA体験レポート記事はこちら。 ブレインマシンでGo To Trip ゴーグルとヘッドホンを装着し、光の明滅とパルス音に身を任せることで変性意識・瞑想状態に至るーー。古代のシャー

スキ
8

”自由の砦”から秘密基地の全貌を目撃!/保江邦夫・エリア51探検記(5)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はネバダ州ラスベガスの近くにあるブルー・ダイヤモンド・ヴォルテックスを訪れ、山腹に

スキ
2

UFOの町レイチェルとエリア51リサーチセンターへ!/保江邦夫・エリア51探検記(4)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 「バウンダリー」1997年10月号。 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた量子重力と量子宇宙論に関する国際会議に出席した私と助手のマリーは、そこで知り合った

スキ
7
有料
300

アラモの立入禁止区域で目撃したUFOと追跡車の恐怖/保江邦夫・エリア51探検記(3)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。それも、なんと1990年代にアメリカでUFO調査を行っていたというのだ。 そこで、かつて材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」を、ここに復活させよう。20余年以上前、「竹久おさむ」名で綴られたレポートには、何が記されていたのか? 文=保江邦夫 「バウンダリー」1

スキ
11

目指すはUFO墜落現場! ルート66の先の聖地へ強行視察/保江邦夫・エリア51探検記(2)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。それも、なんと1990年代にアメリカでUFO調査を行っていたというのだ。 そこで、かつて材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」を、ここに復活させよう。20余年以上前、「竹久おさむ」名で綴られたレポートには、何が記されていたのか? 文=保江邦夫 「バウンダリー」1

スキ
11
有料
200