ウェブマガジン ムーCLUB

パンデミックを予言!? 映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』で釈由美子が体験した“肌身の”恐怖と霊感遺伝

殺人ウイルスが蔓延し、のたうち苦しむ感染者でホテルが埋め尽くされる……。新型コロナウイルスによるパンデミックを想起させるストーリーで話題の映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』。2019年に制作された本作は、コロナ禍を予言していたのか? 逃げ場のない環境で感染に苦しむ妊婦ナオミを熱演した釈由美子さんに、撮影時の恐怖と、母になって変化した超常現象体験を聞いた。 構成=いわたみどり 撮影=我妻慶一 取材協力=サイゾー 苦しみを足の裏でも演技!――この映画は世間に新型コロナウイ

スキ
20

カメラがとらえた亡霊の姿! 「怪談図書館」に寄せられた幽霊画像/桜井伸也

20年にわたって心霊写真を蒐集している「怪談図書館」。その怪談図書館に寄せられた古今東西の選りすぐりの心霊写真を紹介しよう。 ライブ会場に飛び交う無気味な光  ライブハウスとして有名な東京の某ライブ会場で筆者が怪談ライブを主催した際の写真である。当日は出演者で一番勘の強い子が店に入るのも怖がり、ライブ中もその子に向けて頻繁に光が飛ぶという現象が起こった。最初は右端に座ってもらったのだが、怖いということで中央に座席替えをした。  終了後に確認すると、彼女が怖いといっていた場

スキ
8

恐怖の生き霊事件! 夢に現れた怪異が現実の流血をもたらした!/西浦和也

生き霊、それは人間の強烈な念から産みだされ、死霊より厄介だといわれることさえある。そんな恐ろしい存在とリアルタイムで遭遇中の植松創氏が、信じがたい事件の詳細を語った! 文=西浦和也 イラストレーション=北原功士 SNSからはじまった生き霊事件 あなたは「生き霊」と聞いて何を想像するだろうか? 生きている人間の念の強さとか、死霊とは異なった執念とかいろいろなイメージを持たれているかもしれない。死霊(幽霊)の目撃談や体験談は比較的多いが、生き霊についての体験談は意外と少ない。

スキ
12

亀梨和也&松原タニシを襲った怪奇現象! 映画『事故物件 恐い間取り』公開記念対談

映画『事故物件 恐い間取り』の公開が間近に迫ってきた。今作がホラー映画初出演となる亀梨和也氏と、原作者である松原タニシ氏との対談が実現。ふたりが体験したい怪奇現象とは……。 構成=いわたみどり 撮影=土橋位広 映画『事故物件恐い間取り』  殺人・自殺・孤独死・死亡事故などがあったワケあり物件に実際に住みつづける芸人松原タニシ氏の実体験による著書『事故物件怪談・怖い間取り』を映画化。「怖すぎて部屋に入れなくなった」という読者が続出したベストセラーを、「リング」シリーズの中田

スキ
31

占い師LUAの心霊事件簿 六本木のバーを訪れた異世界のお客様たち/LUA

タロット占いの名手であり、著書『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』が6万部を超すベストセラーとなっているLUA氏。じつは幼少期から、数々の不思議体験をしているという。 とくに占いバーを経営していた2年間は、そうした出来事が頻発したそうだ。今回は、その思い出をひもといていただく。 文=LUA 「霊の通り道」になった占いバー 私が六本木の雑居ビルに「LUA’s BAR(ルアズバー)」という占いバーをオープンしたのは、2006年のことだ。  もともと店を開くつも

スキ
11

“梨の妖精”ふなっしーインタビュー! アマビエへのジェラシーと衝撃の心霊体験

船橋市非公認のマスコットキャラクター、ふなっしー。いわゆる「ご当地キャラ」として知られているが、彼(?)が「梨の妖精」であることを忘れてはならない。 日本・千葉県船橋市在住の妖精ふなっしーとはいったい何者か? 直撃インタビューで語られたのは「非実在の可能性」と「恐怖の心霊体験」、そして「アマビエへのジェラシー」だった……! 構成=河上拓 撮影=我妻慶一/2020年5月27日取材 対話できる超常現象――ふなっしーさんは「梨の妖精」ですよね。我々は妖精を見た人や撮影した人につ

スキ
310