ウェブマガジン ムーCLUB

パンチェン・ラマ11世ーーチベット独立の鍵を握る奇跡の転生者/本田不二雄

パンチェン・ラマ11世ーーチベット独立の鍵を握る奇跡の転生者/本田不二雄

"世界最年少の政治犯" が、25年も不当に拘束されつづけ、その消息のいっさいが明らかにされていないという。 その人の名はゲンドゥン・チューキ・ニマ。 ダライ・ラマが認定したパンチェン・ラマ11世である。 この、チベット最高位の聖職者をめぐる一大事件の背後には、先代パンチェン・ラマの激動にして数奇な運命が深くかかわり、その生まれ変わり(転生者、化身)を捜すという神秘的慣習をめぐって中国とチベットの熾烈な政治闘争が繰り広げられていた。 2020年はその節目の年を迎える。だから今、

7
前世は「バイク事故で亡くなった高校生」! 転生前の記憶を持つ少年/インベカヲリ・スピリチュアルレポート

前世は「バイク事故で亡くなった高校生」! 転生前の記憶を持つ少年/インベカヲリ・スピリチュアルレポート

福岡に「前世の記憶をもつ」男の子がいる。前世の自分がバイク事故で死んだことや生まれ変わる瞬間など、その記憶は詳細でブレがないという。そして驚くべきことに、この男の子は転生先を「自ら選んだ」というのだ! 文=インベカヲリ 「今のお母さんの声かわいくないよね」 「インベさんは声がかわいくていいですね。私なんて息子から『前のお母さんはもっと声がかわいかった』とかいわれちゃって……」  それは、ほんの雑談から始まった驚くべき話だった。私は写真家で、一般の女性を被写体にポートレ

43
200