マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投… もっと読む
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#イルミナティカード

イルミナティカードが予言する「北京五輪中止」と「第1次台湾戦争勃発」の危機/嵩夜ゆう

北京オリンピックという平和の祭典と、台湾をめぐり、高まる国際的な緊張感。相反する価値観のなかで、いまや世界の大国となった中国は何を目論んでいるのだろうか? その答えはイルミナティカードにあった! 文=嵩夜ゆう 「BankMerger(銀行統合)」のイルミナティカード。1995年が最後のロットのはずのこのカードには、その当時はまだ存在しなかったものが描かれている。 ユーロ通貨出現を予言していたカード  2022年には、冬季北京オリンピックが開催される。オリンピックといえば

スキ
19

イルミナティカードが連邦議会議事堂襲撃事件を予言していた!/嵩夜ゆう

世界の未来が描かれているとされる「イルミナティカード」。 今回もまた、その予言がぴたりと当たった。アメリカ全土、そして世界を震撼させた連邦議事堂襲撃事件が、まさしく予言されていたのである。 ということは、トランプ氏の今後も……? 衝撃の緊急レポート! (ムー 2021年3月号掲載) 文=嵩夜ゆう 首都ワシントンで起こった衝撃の事件 2021年は、悪い意味で歴史に名を残す年になるかもしれない。1月6日に、アメリカの連邦議会議事堂襲撃事件が起きたからである。  現地メディアで

スキ
11

2021年の世界は何色に染まる!? イルミナティカードに接触し、生予言を体験/石原まこちん・ムーさんぽ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
10

現代アメリカを覆う”オバマゲート”の闇と2023年世界大戦! イルミナティカード予言/嵩夜ゆう

最近、大いに高まっているオバマ前大統領にまつわる数々の疑惑ーー通称「オバマゲート」の背後には、とてつもなく深い闇が横たわっていた。 しかもそのすべては現代の予言書ともいわれる「イルミナティカード」によって予言されていたのである! 文=嵩夜ゆう *関連記事:「イルミナティカード予言」、「イルミナティカード予言の2020年以後」 ウォーターゲート事件 2020年の5月くらいから、SNSなどで、急に騒がれはじめた言葉がある。「オバマゲート」——アメリカで1972年に起こった「ウ

スキ
17

イルミナティカードが予言する”2020年以後”ーーパンデミックと米大統領選の行方を解読する!/嵩夜ゆう

世界の未来を予言したとされる悪魔のゲームカード「イルミナティカード」——。それは東京オリンピックの延期のみならず、トランプ大統領の動向や新型コロナウイルスによる世界の混乱まで正確に告げていた! 文・写真=嵩夜ゆう 予言書として注目されるイルミナティカード オカルト界のみならず、世界中のユーチューバーや投機家までが注目することになったカードゲームといえば、「イルミナティカード」をおいてほかにはない。 「ムー」読者なら知らない人はいないであろう。1982年(一説には1984年

スキ
45

秘密結社の黙示録メッセージを読む! イルミナティカード大予言/嵩夜ゆう

20年以上前に、突然、現れたカードゲーム「イルミナティ・カード」。 やがて人々は、カードの内容に驚愕することになる。なぜならそこには、近未来世界の様子がことこまかに予言されていたからである! 文=嵩夜ゆう ゲーム世界のオーパーツ「イルミナティカード」 本誌読者なら、「イルミナティカード」という奇妙なカードが存在することを知っている方も多いのではないかと思う。  これは1975年に発表された『イルミナティ』という小説をもとに、1982年(一説には1984年とも)に発売された

スキ
45