ムーCLUB 2020年2月配信セット

34
物理学から死後の世界を探求し、霊的体験からUFO調査まで……物理学者・保江邦夫の超常現象事件簿

物理学から死後の世界を探求し、霊的体験からUFO調査まで……物理学者・保江邦夫の超常現象事件簿

中間子論によってノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そしてUFO研究家と、いくつもの顔を持つ物理学者・保江邦夫氏。湯川博士から素領域理論を継承し、「あの世」の解明にも取り組むなかで、普通ならあり得ないような数々の「事件」に遭遇してきた。その一端をご紹介しよう。 文=久野友萬 UFOやあの世を語る理論物理学者 「口から出任せというのはね、本当はよい表現なんですよ」  聴衆に向かって保江邦夫氏がいう。60人の席はすべて埋まり、8割以上が女性だ。大

30
200
ケネディが語ったUFO情報が書かれていた!! 「マリリン・モンローの日記」の行方/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ケネディが語ったUFO情報が書かれていた!! 「マリリン・モンローの日記」の行方/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、超常現象など、世界にはびこる謎に、並木伸一郎が鋭く切り込む。今回は名女優マリリン・モンローが所持していた「秘密の日記」の謎に迫る。JFKとも関係したマリリン・モンローは、UFOと異星人の関係を書き残していたーー。 文=並木伸一郎 名女優が書き留めた秘密の「赤い手帳」  セックスシンボルとして世界中を魅了したアメリカの女優、マリリン・モンロー。1962年、36歳の若さで世を去った彼女の死因は、睡眠薬の主成分であるバルビタールの過剰摂取による急性中毒死とされ

10
100
2機の航空機からパイロットが目撃した「ギラギラと輝く飛行物体」の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

2機の航空機からパイロットが目撃した「ギラギラと輝く飛行物体」の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年3月号、第431回目の内容です。 文=南山宏 真・未知との遭遇  FAA(米連邦航空局)の公式発表によれば、米旅客機2機と謎の発光体との接近遭遇が、2018年2月24日の白昼、アリゾナ州フェニックス郊外はソノラ砂漠の雲ひとつない上空で発生した。 「30秒ほど前に、当機の上方を反対方向に通過した機はないか?」  午後3時40分、高度約1万1300メートルを飛行中のフェニックス航空のリアジェッ

14
100
光る石ユーパーライト採集現場にUFOが飛来! 新鉱物に地球外の存在が関わっている!?/宇佐和通

光る石ユーパーライト採集現場にUFOが飛来! 新鉱物に地球外の存在が関わっている!?/宇佐和通

不思議な光る石ユーパーライトの発見者エリック・リンタマキ氏から驚くべき情報がもたらされた。アメリカのスペリオル湖でユーパーライトの採取中にUFOが出現したというのだ。 もともと、ユーパーライトの生成には謎めいた部分が多い。はたして、光る石とUFO出現には何か関係があるのだろうか? 文=宇佐和通 光る石の発見者 エリック・リンタマキ  ムーをきっかけに日本のテレビでも紹介された不思議な光る石“ユーパーライト”の発見者であるエリック・リンタマキ氏が来日した。2019年12月

5
100
「3メートルの異星人」に新事実が発覚!! フラットウッズ・モンスターの正体/並木伸一郎・フォーティアンFILE

「3メートルの異星人」に新事実が発覚!! フラットウッズ・モンスターの正体/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、超常現象など、世界にはびこる謎を、並木伸一郎が鋭く切り込む。今回は、3メートルの異星人として知られる「フラットウッズ・モンスター」の真実に迫る。 文=並木伸一郎 刺激臭を放つ異形の怪物  1970年代、空前のオカルト・ブームに沸く日本に“上陸”した「3メートルの異星人」の奇怪な姿を覚えている方も多いだろう。近年では「フラッドウッズ・モンスター」と呼ばれる異形の存在は、目撃から70年がたとうとする今でも、多くの謎に包まれている。  本稿では、このフラッドウ

5
100