ムーCLUB 2020年2月配信セット

34
未解決の死体遺棄事件と「手」と「髪」……日原バラバラ怪談/吉田悠軌・怪談解題

未解決の死体遺棄事件と「手」と「髪」……日原バラバラ怪談/吉田悠軌・怪談解題

20年ほど前に、東京西部・奥多摩の山中で発生したバラバラ死体遺棄事件。その調査をはじめた筆者は、現場周辺が事件と怪談の頻発スポットであることを探り当てた。それは単なる偶然の一致なのか、それとも……? 文=吉田悠軌 吉田悠軌(よしだゆうき) 怪談サークル「とうもろこしの会」会長、「怪処」編集長。怪奇スポットや都市伝説現場へのリサーチを各種メディアで発表する“オカルト探偵”。写真は今回の現場、蜂谷橋前にて。 一 夜のキャンプ場に響きわたる怪音  2003年、まだ肌寒い初春

スキ
13
有料
100
徳島・大歩危の妖怪めぐりで「ヤマジチ」に舐められた!?/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

徳島・大歩危の妖怪めぐりで「ヤマジチ」に舐められた!?/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎――。異色怪談ユニットが、イベントや取材で遭遇した怪奇を公開する。はたして、3人行脚の行く先は……。 今回の行脚先は、徳島の心霊スポットから、大歩危(おおぼけ)の妖怪巡りへ。ヤマジチと七人ミサキの話に憤っていたら、強烈なしっぺ返しが……。 文=松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎 第1回はこちら 廃墟とDVDとうんこマン タニシ 事故物件住みます芸人・松原

スキ
7
有料
200
水琴鈴・ケーキ職人と黒電話・「ケガするよ」/読者投稿・怪奇ミステリー体験

水琴鈴・ケーキ職人と黒電話・「ケガするよ」/読者投稿・怪奇ミステリー体験

読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介します。 呪われた水晶つきの水琴鈴と謎の中年男性 ◆岐阜県/Nさん  これは、今から3年ほど前に起きた出来事です。  ある日、買い物をしているときに銀色の水琴鈴(すいきんれい)を見つけた私は、悩んだ末、購入することにしました。小さな水晶がついた、とても綺麗な音がする鈴です。  その鈴の音がとても気に入った私は、それをいつも大切にポーチに入れて楽しんでいました。  ある夜のことです。私の夢の中に突然、40 ~50代の灰

スキ
3
有料
100