ムーCLUB 2020年5月配信セット

34
船橋にアマビエが出現していた!? 「白い三角」怪談による予言獣との遭遇/吉田悠軌・怪談解題

船橋にアマビエが出現していた!? 「白い三角」怪談による予言獣との遭遇/吉田悠軌・怪談解題

ダイヤモンド・プリンセス号はアマビエだった! ーー衝撃の新発見の裏には、探偵がコロナ騒動のさなかに聞き取った、海辺での奇妙な体験談の存在があった。「海からやってくる異形」とパンデミックを結ぶ鎖に、オカルト探偵・吉田自身も絡めとられていたーー! 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。『恐怖実話 怪の残響』(竹書房)、『 怖いうわさ ぼくらの都市伝説』シリーズ(教育画劇)のほか選定・監修した『ムー実話怪談「恐」選集』(学研)『、禁足地帯

19
大宮氷川神社の「八咫烏」襲来事件と見沼ミステリー/吉田悠軌・オカルト探偵

大宮氷川神社の「八咫烏」襲来事件と見沼ミステリー/吉田悠軌・オカルト探偵

さいたま市にかつて存在した、巨大な沼地。その跡地でささやかれる怪談には、昭和の凄惨な事件と古き神々の秘密が隠されていた? 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。写真は、噂検証のために参拝中の門客人神社にて。 調査依頼① 大宮の「アベック山の幽霊」  怪異にまつわる悩みや疑問を抱えている人は意外と多いのだろうか。私の「オカルト探偵」なる怪しげな肩書きの下にも、ひょっこり依頼が来たりする。先日は、埼玉県在住の怪談好きの若者、H君から

19
精神支配!? 香川の中村トンネルで”死に惹かれる”恐怖体験/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

精神支配!? 香川の中村トンネルで”死に惹かれる”恐怖体験/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 今回は香川県の心霊スポット「中村トンネル」での体験を回想するーーお地蔵さんは、大事にしましょう! 文=松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎 第1回はこちら オカルトクラフトに目覚める タニシ 事故物件住みます芸人・松原タニシです。 田中 ポジティブポジティブ! オカルトコレクター・田中俊行

19
神霊を恐れ、心霊と暮らす 心霊大国タイ「ピー」信仰と怪談/髙田胤臣

神霊を恐れ、心霊と暮らす 心霊大国タイ「ピー」信仰と怪談/髙田胤臣

タイ人たちはいつも心霊話をしている。日本人同様に怪談が大好きな国民性で、大人だって怪談が始まれば真顔でその話を受けとめる。 一方で、タイ人たちは心霊に対して日本人以上に恐怖心を抱く。タイの文化、タイ人の生活習慣や考え方に霊の存在が深く、密接に根ざしているのだ。 そんな心霊や怪談をタイ人たちは「ピー」と呼ぶ。仏教伝来以前から存在する「ピー」について知ることは、タイ人を知ることでもある。 文・写真=髙田胤臣 精霊信仰と仏教――両側面のピー  タイ人が幽霊や心霊、怪談の話をす

16