マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

428
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

2020年4月の記事一覧

#おうちで占い オンライン鑑定&講座などの情報まとめます/ムーPLUS

#おうちで占い  ステイホーム! ……とはいうものの、移動できないストレスや不便、経済停滞による困難と不安、環境や生活の変化への戸惑いなど、行き場のないモヤモヤはたまっていくもの。そんなときは、「占いに聞いてみる」のもひとつの選択肢。怪しげなマジナイでアナタの未来を自由自在にどうこう……ということはありません(ムーが言うと説得力があるのかないのか……)。  天候や自然のこと、今住んでいる場所の状況など、「どうにもならないこと」は多々、あります。それも人生だと単純に割り切る前に

スキ
41

秘密結社フリーメーソンーー超古代の叡智と秘儀、そして世界統一の陰謀とは?/世界ミステリー入門

「フリーメーソン」という言葉は、だれでも一度は聞いたことがあるだろう。だが、その実態については謎の部分が多い。それもそのはず、フリーメーソンは秘密厳守を掟とし、内部から情報が漏れることはないからだ。秘密のベールに包まれた秘密結社の正体とは? 文=藤島啓章 世界最大の秘密結社の起源と歴史 今や陰謀論の総本山といった感のある「フリーメーソン」。多数の世界的指導者や著名人を輩出しながら、一方では、超古代の叡智を秘儀を継承し、世界統一政府の樹立を企んでいると囁かれるなど、世界史や

スキ
33

7万9000年後の宇宙隣人に備える話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2019年2月号、第418回目の内容です。 文=南山宏 エイリアン信号 「われわれは太陽系外に存在する地球によく似た文明惑星を、天文観測史上初めて発見した!」  2017年11月8日、南米チリのアタカマ砂漠で米英をはじめヨーロッパ各国に日本や韓国も加わった16か国により共同運営される〝ヨーロッパ南天天文台(サザン)〟が、衝撃的な公式発表を行った。  発見のきっかけは、同年4月にプエルトリコのアレシボ電

スキ
16

環境問題と911--恐怖の大王をまたぐ重大危機とムーの視点/「ムー」クロニクル

世紀末が迫りつつあった1998年――。「ムー」は突然、環境や健康問題に目を向けはじめる。精神と肉体を健全に整えることによって、あたかも新世紀への脱皮が行われるかのごとく。 そして1999年7の月が通り過ぎ、無事に21世紀がやってきたら、あの世界を揺るがす大事件に取り組む日々が始まった! 雑誌「ムー」の歴史を振り返る。 文=編集部N 環境問題をムー的に切る! 40年の歴史を通じて、本誌「ムー」の総力特集といえば、心霊、UFO、超能力、超古代文明、あるいは宇宙論……これらが主

スキ
11

一日数分で見た目も心もご縁も変化する! 間々田先生の「顔ヨガ」体験/辛酸なめ子・魂活巡業

ふだんはあまり使わない表情筋を動かす「顔ヨガ」の講師として活躍中の間々田佳子(ままだよしこ)先生。 顔ヨガを始める前と現在の先生の表情を拝見すると、別人としか思えないくらいの変化が!表情が豊かになると、会話が弾み、ご縁を得やすくなる。必然的に、開運効果も期待できる。 文・漫画=辛酸なめ子 今回お邪魔したのは…間々田佳子(ままだ・よしこ)/顔アスリート&顔ヨガ講師。「佳子先生のひとことで顔が変わる!」と、講座が大評判、個人レッスンはキャンセル待ち。『ながら顔ヨガ』(主婦と生

スキ
15

遠野の河童みやげと温泉街で発見した「かっぱ天国」の謎/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。 今回は、岩手・栃木・北海道の「河童」を追う! 前回はこちら 文・写真=山下メロ 地方キャラの元祖「河童」 イッシー、クッシーなどの湖沼UMA(この記事)、人魚や海坊主などの海洋UMA(この記事)……とくれば、次は河川で目撃されたUMAでしょう。日本の河川UMAとしては、河童が有名です。 『水

スキ
16

映画『地獄少女』は復讐欲を感染させる! 白石晃士・地獄愛インタビュー/吉田悠軌

「いっぺん、死んでみる?」 我が身を永遠の苦しみにさらしてでも、怨み殺したい人がいる。戦慄の怨恨サイクルを描く「地獄少女」を、暴力ホラー映画の鬼才・白石晃士が実写映画化。 Blu-ray&DVDリリースをきっかけに、白石作品『シロメ』に出演したこともある怪談師・吉田悠軌が、“白石地獄”の描写に迫る! 文=吉田悠軌 写真=我妻慶一 復讐3部作としての『地獄少女』白石 「ムー」は小学生高学年くらいから中学生くらいまで買っていました。途中で、「あれ? この総力特集とか……ちょっ

スキ
19

ヒトラー生存説を主張したソ連の迷走など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2019年3月号、第419回目の内容です。 文=南山宏 ヒトラー生存伝説  ナチスドイツの総統アドルフ・ヒトラーの生存伝説は、当人が死んだその瞬間から始まった。 『ベルリンの没落』の著者アントニー・ビーヴァーによれば、疑い深いソ連の独裁者スターリンは宿敵の死の知らせを容易に信じようとしなかったが、同時にこの貴重な情報を同盟国だった英米両国からさえひた隠しにしようとした。それどころか、ソ連共産党機関紙「

スキ
13

マッチに爆音、熱帯魚! 九星術のムー開運に周囲も巻き込んで”アゲ”確信/雛形羽衣・実践レポート

日常に「開運ミッション」を取り入れることで運をつかむ #ムー開運 を、劇団ディアステージの雛形羽衣さんが実践! 3月の開運法(前半/後半)を試した実感と、今後の抱負をレポートします! 協力=雛形羽衣(劇団ディアステージ) 雛形羽衣(ひながたうい)●役者。劇団☆ディアステージに所属し、数々の舞台に出演。ディアステージの”オカ研”部長も務める。ムー創刊40周年記念生放送にてMCを務めた。趣味は超常現象の自由研究。 3月前半、出会いに手ごたえあり!ーーまずは「3月前半は瞑想と

スキ
13

ロシア版エルバッキーか!? タタールスタンで”翼猫”を発見/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS

19世紀から記録がある「翼のある猫」が発見された。東欧のタタールスタン共和国で話題のこの個体は、年齢からして病気などの可能性は低いという。もしや神や異星人がもたらしたUMAなのか? 文=遠野そら タタールスタンの「翼の生えたヒョウ」 どこから見ても猫。でもただの猫じゃない。”翼の生えた猫”がタタールスタン共和国で発見された!  地元ではタタールスタンの国章である“翼の生えたヒョウ”(下記)になぞらえ、「伝説のヒョウが猫の姿になって現れた!」と、ちょっとした騒動になってい

スキ
20

世界の謎と不思議はダウンロードできるのかな/ムーPLUS編集雑記

 在宅勤務がメインになっているムーPLUSの中の人です。 「メール」が手紙より電子メールを意味する現在は「固定電話」という説明用の新語も常用されているし、そのうち出勤・勤務という語は業務用の端末ないしアプリなどを立ち上げることを意味するようになったりして。従来の職場に肉体ごと集まる出勤を「集合勤務」と言うようになるのかな。  唐突にYAZAWAなんですけど「ステージ上のYAZAWAはダウンロードできない=ライブに価値がある」話は2007年のほぼ日でも語っていたみたいです。Y

スキ
15

四角い渦巻模様はQRコード・ペトログリフだ! 神代文字と未来人の謎/岩崎紀夫

滋賀県は安曇川(あどがわ)町の「安閑神社」のそばに安置された古代の石板。中央に線刻されたペトログリフは何を意味しているのか。さまざまな形で分析すると、驚くべき真実が見えてきた。 石板が示していたのは現代人が一般的に利用するQRコードだったのだ!! 文=岩崎紀夫 安閑神社そばの古代線刻石板 かつては正体不明だったが、科学技術が進んだことによって、ときに場違いな工芸品、すなわちオーパーツとみなされる遺物がある。滋賀県安曇川(あどがわ)町三尾里(みおざと)にある謎の線刻石板もま

スキ
21

祝!『Fallout 76』WASTELANDERSアップデート 荒廃世界のウェストバージニアでフラットウッズモンスターの正体を追う!/藤川Q・月刊ムー通

ファミ通の怪人編集者・藤川Qがムー的なゲームを紹介。 前回に続いてオンラインRPG『Fallout 76』を題材に、ご当地エイリアンとして人気のフラットウッズ・モンスターとの接触を報告する! 文=藤川Q 核戦争後の世界でフラットウッズ・モンスターと遭遇 これまたムー民の皆様になら説明を要することもないであろう、日本では”3メートルの宇宙人”として知られているフラットウッズ・モンスター(関連記事)。1952年、アメリカはウェストバージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町

スキ
14

山で花を摘んでいたら異次元へ!?/あなたのミステリー体験

幼少時からの慣れ親しんだ遊び場。どこへ行けば何があるかも、当然、知りつくしていた。あの日、あの瞬間を除けば……。あのとき、私はどこをさまよっていたのか。解明できない謎が今も。 読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介します。 イラストレーション=不二本蒼生 花を摘んでいたら…◆和歌山県/三舟智子(58歳)  私の叔母(75歳)が40代のころの話です。  ある日、叔母はいつものように仏壇やお墓に供える花を採りに山へ行きました。山といっても叔母の自宅から至近距離

スキ
24