ちょっとムーでも読んでいきなよ

325
「きれいなドア」/読者のミステリー体験

「きれいなドア」/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 きれいなドア 石川県/平塚美代子(14歳)  あれは私が小学5年生のころの冬でした。ある日、私は友人のN、Yと一緒に、Tの所に遊びに行きました。Tの家の前には古いアパートが2軒並んでいて、陽当たりが悪く、私はなんだか妙な気分になりました。でもみんなと遊んでいるときに、変なことをいいだすのもと思い黙っていました。私たちは、そのTの家の前でオニごっ

スキ
10
外国語辞書を丸暗記して落書き選手権に臨んだ男の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

外国語辞書を丸暗記して落書き選手権に臨んだ男の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2017年1月号、第393回目の内容です。 文=南山宏 世界落書き選手権  ベルギーのルーヴェンで2015年7月中旬に開催された『世界フランス語落書き選手権』で、みごとに優勝の栄誉に輝いたのは、フランス語がまったくしゃべれないニュージーランド人のナイジェル・リチャーズさん(48歳)だった。  2015年7月22日付〈デイリーテレグラフ〉紙によれば、ナイジェルは選手権が開かれる直前9週間で、フランス語

スキ
9
違法薬物を守るワニの話など/南山宏・ちょっと不思議な話

違法薬物を守るワニの話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2017年11月号、第403回目の内容です。 文=南山宏 トンデモ進化論  西暦2000年の前後20年間にオーストラリアで大活躍したプロクリケット選手シェーン・ウォーン(48歳)は、筋金入りの〝エイリアン地球人類創造説〟論者。  日本ではクリケットは馴染みが薄いが、2013年に引退したウォーンは、このスポーツでは今もなお日本のプロ野球でいう長嶋・王なみの超人気を誇る長身でイケメンの大スターだ。  そ

スキ
8
「チカチカする庭」 /読者のミステリー体験

「チカチカする庭」 /読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 チカチカする庭 神奈川県/木之下みどり(30歳)  今でもときどき、その夢を見ては不快な思いをする家があります。それは神奈川県茅ケ崎市の北部にあった、私と8人の家族とが12〜13年間住んだ家です。  古い民家で、私たち家族がそこに引っ越したときは、100坪はあろうかという庭に、食器や机、灰皿や火鉢といったあらゆる日用品が捨てられていて山積みにさ

スキ
11
2020年大統領選挙にも影響が!? アメリカ大統領と”テカムセ”の呪い/ムーペディア

2020年大統領選挙にも影響が!? アメリカ大統領と”テカムセ”の呪い/ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、アメリカの大統領選挙にまつわる不可解な「呪い」の存在を取りあげる。 文=羽仁 礼 イラスト=久保田晃司 大統領選挙につきまとう奇妙なジンクス  2020年は、4年に一度、アメリカで大統領選挙が実施される年である。同時に、末尾に「0(ゼロ)」のつく年でもある。  実は、年号の末尾に「0」のつく年、いわば「0(ゼロ)の年」に行われるアメリカ大統領選挙については、奇

スキ
14
「占いはなぜ当たるのですか?」ほか7選 /ムー民のためのブックガイド

「占いはなぜ当たるのですか?」ほか7選 /ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 占いはなぜ当たるのですか/鏡リュウジ 著 全編にわたって「占い愛」が汪溢する必読の書  今や押しも押されもせぬ日本占星術界の重鎮・鏡リュウジ氏。占いに心理学的アプローチを導入し、従来の占い観を一新したその業績は、本誌の読者ならだれしもご存じだろう。 それもそのはず、氏は占いの研究家であると同時に、国際基督教大学大学院でユング心理学を専攻した本

スキ
22
学校・トンネル・病院の怪奇体験投稿/あなたのミステリー体験

学校・トンネル・病院の怪奇体験投稿/あなたのミステリー体験

子供たちはとっくに帰宅し、静まりかえった校内。巡回のため階段にさしかかると、踊り場の鏡に男性とおぼしき姿が。いるはずのない人の姿がなぜそこに? イラストレーション=不二本蒼生 踊り場の鏡 ◆Hさん(52歳)/静岡県  これは、以前、私と同じ学校に勤務していた、S先生というベテラン女性教師が体験した出来事です。  S先生に『戸締り当番』がまわってきた日のことでした。その学校では、月に1~2度、順番で、教師が帰宅する前に校舎内の戸締りを確認することになっていました。  

スキ
14
ムー2020年11月号のカバーアート/zalartworks

ムー2020年11月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。  総力特集が「日本=ユダヤ・蘇民将来大預言の謎」ということで、牛頭天王を描いてみました。  とあるお寺に中央が牛頭で両脇が人頭という像がありまして、今回はそれをモチーフに、衣装は古代日本、装飾はユダヤ女性の民族衣装を参考にしています。  首元にはそっと勾玉があります。七本の角は彦星に仕える七本の角を持つ牛という伝説を取り入れてみました。  背景は嘆きの壁とユダヤの六芒星

スキ
6
11月は”不動の動”が世界を揺らす!/今月の十二星座占い

11月は”不動の動”が世界を揺らす!/今月の十二星座占い

占い=エミール・シェラザード ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事し、1970年代半ばより西洋占星術の研究を始める。50年にわたるキャリアを持ち、執筆、講演、教育、カウンセリングなど幅広い分野で活躍。中華民国星相学会「永久名誉会員」でもある。2018年、一般社団法人日本占術協会副会長に就任。kaminosachi.com ◆ 10月の社会情勢 ◆  街路樹の葉が色づきはじめるこの期間、太陽や火星をはじめとする星々がT字スクエアを形成します。手強い星の配置は、さながらト

スキ
22
無意識に働きかける「催眠術」の秘密/世界ミステリー入門

無意識に働きかける「催眠術」の秘密/世界ミステリー入門

人の心を操り、思い通りにコントロールする催眠術。テレビ番組などで、催眠術状態に陥った被験者が、思わぬ行動に出たりするのを見たこともあるだろう。人はなぜ、催眠術にかかるのか。催眠術の歴史から、人が暗示にかかる理由、自己暗示の効力まで、催眠術の謎を追う。 文=中村友紀 人の心を操ることは本当に可能なのか?  現実社会において、マインド・コントロールによって死に追い込まれた者はいくらでもいる。一例を挙げれば、自爆テロがそうだ。  あの9・11アメリカ同時多発テロ事件以来、自爆

スキ
23