ちょっとムーでも読んでいきなよ

386

”マンガでムー”という挑戦、そしてビデオでムー!? 本誌から派生メディア続々の時代/「ムー」回想録

本誌が好調の波に乗れば、「あれもこれも」とアイデアが浮かぶ。「ムー」を旗艦に次々と新企画が登場するが、そのなかには、黒歴史と化したものも……。 文=編集部N 「comicムー」と「mangaムー」 本誌の売り上げが伸びると同時に、次々と派生していったのが兄弟誌や新企画だ。その先陣を切ったのは、いまも続く「ムー・スーパーミステリー・ブックス」である。  1982年当時の最初のラインナップは『<大予言事典>悪魔の黙示録666』『米政府は異人類の死体を隠している』『人類は核戦争

スキ
14