ちょっとムーでも読んでいきなよ

284
「占いはなぜ当たるのですか?」ほか7選 /ムー民のためのブックガイド

「占いはなぜ当たるのですか?」ほか7選 /ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 占いはなぜ当たるのですか/鏡リュウジ 著 全編にわたって「占い愛」が汪溢する必読の書  今や押しも押されもせぬ日本占星術界の重鎮・鏡リュウジ氏。占いに心理学的アプローチを導入し、従来の占い観を一新したその業績は、本誌の読者ならだれしもご存じだろう。 それもそのはず、氏は占いの研究家であると同時に、国際基督教大学大学院でユング心理学を専攻した本

22
事故物件・禁断の歴史・時間の謎……/ムー民のためのブックガイド

事故物件・禁断の歴史・時間の謎……/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 世界史に残る不世出の大神人松下松蔵と「宇宙の大気」/宮﨑貞行 著 神人・松下松蔵の生涯を軸に、日本の霊的再生を説く  松下松蔵は、明治6年に熊本県玉名郡長洲町に農家の長男として生まれた。人から変わり者扱いされるほどの徹底的な親孝行で、幼いころから信仰心に篤かった。大正8年、46歳のときに神前に祈念中、突然、一升ほどの血を吐き、これをきっかけに

11
死後の意識、トランプと黒魔術、宇宙の始まりに迫る……など7冊選定/ムー民のためのブックガイド

死後の意識、トランプと黒魔術、宇宙の始まりに迫る……など7冊選定/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 死後も生きる〈意識〉 ここではないどこかへの旅/ピーター・フェンウィック エリザベス・フェンウィック 著 死をめぐる謎の解明に科学的手法で挑む  人は死んだらどうなるのか、という問題は、人類にとって永遠の課題である。あらゆる宗教や哲学の根幹を成すのが、死をめぐる謎である。  本書の著者であるフェンウィック夫妻は、医師という立場を活用してこの謎

11
まじない、戦争オカルト、神人、そして超知能……/ムー民のためのブックガイド

まじない、戦争オカルト、神人、そして超知能……/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 見るだけで楽しめる! まじないの文化史 日本の呪術を読み解く/新潟県立歴史博物館 監修 呪符の世界を、歴史学・考古学・民俗学の視点から俯瞰  物質文明も行きつくところまで行った感のある21世紀のご時世だが、一方で周囲を見わたしてみると、車には交通安全のステッカーだったり、学生鞄には学業成就のお守だったり、あるいは最近流行りの妖怪「アマビエ」の

23
アーネンエルベや日本オカルト史、巨石写真紀行まで/ムー民のためのブックガイド

アーネンエルベや日本オカルト史、巨石写真紀行まで/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 SS先史遺産研究所 アーネンエルベ/ミヒャエル・H・カーター 著 ナチス・オカルティズムの研究者にとって待望の書  本誌の読者ならいざ知らず、一般的には「アーネンエルベ」なる歴史用語はほとんど知られていないといっても過言ではない。本書によればそれは「1935年、ナチス親衛隊(SS)全国指導者ハインリヒ・ヒムラーの主導により、ドイツ先史時代の精

13