ちょっとムーでも読んでいきなよ

325
ピラミッドパワーで交通事故の発生を減らす計画など/南山宏・ちょっと不思議な話

ピラミッドパワーで交通事故の発生を減らす計画など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年4月号、第336回目の内容です。 文=南山宏 不可能任務 「サンデータイムズ」2010年5月16日付によると、イギリスはワイト島のオルバニー刑務所に、スヌーピーの着ぐるみ男と水鉄砲を構えた男のふたり組が押し入ろうとしたが、相手にされず失敗した。  目的が果たせぬとわかると、今度は看守たちの車にコンクリートブロックを投げつけて傷つけた。  身内の囚人を脱獄させるのが目的だったらしいが、あいにく

スキ
12
中国のUFOはUACという話など/南山宏・ちょっと不思議な話

中国のUFOはUACという話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2021年10月号、第450回目の内容です。 文=南山宏 #ちょっと不思議な話 集団電気  デンキウナギはいつも必ず集団で行動し、数匹以上がそれぞれ860ボルト以上の電流を、タイミングを合わせて一斉に放電して獲物を感電死させることが、このほどブラジルの生物学者グループの研究によって突き止められた。  これまでは、いつも単独で獲物を襲うと考えられていた。 超高価マスク  世界一高価な新型コロナ対策用マ

スキ
11
リアル「ロビンソン漂流記」になった話など/南山宏・ちょっと不思議な話

リアル「ロビンソン漂流記」になった話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年6月号、第338回目の内容です。 文=南山宏 宇宙から来た黄金  地球に埋蔵されている黄金は、太古に宇宙から降ってきた?  2011年9月7日、英ブリストル大地球科学部のマチアス・ウィルボルド博士とティム・エリオット教授は、重い金やプラチナなどの貴金属や硬くて重いタングステンやコバルトなどの希少金属(レアメタル)が現在採掘できるのは、地球の創成後数億年経ってから大量の隕石群に猛爆された結果だ

スキ
13
1883年の地球滅亡未遂の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

1883年の地球滅亡未遂の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年7月号、第339回目の内容です。 文=南山宏 クシャミと弾丸  イタリアはトリノの工芸職人ダルコ・サンジェマーノ君(28歳)は、2010年の大晦日を恋人と過ごそうと、ナポリにきていた。  歳末の伝統的風物で、花火が上がり、爆竹が弾け、ときどき浮かれすぎた連中が空中にピストルをぶっ放したりする大通りを散策していると、運悪く22口径弾が逸れて、ダルコ君の側頭部に命中。頭部に潜り込み、右目の後ろで

スキ
13
アドルフ・ヒトラー・ウウノーナ氏やファッキング村の苦悩など南山宏・ちょっと不思議な話

アドルフ・ヒトラー・ウウノーナ氏やファッキング村の苦悩など南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年8月号、第449回目の内容です。 文=南山宏 ヒトラー当選  アフリカ南西部のナミビア共和国で、昨年11月に行われた地方選挙で、アドルフ・ヒトラーという名の男性が当選した。  ナミビアは先の世界大戦が終わるまでナチスドイツの植民地で、現在でも一部の住民は、ドイツ語を日常語にしている。恐らくヒトラー崇拝者だった父親が、わが子にそうつけたらしい。  アドルフ・ヒトラー・ウウノーナ氏はこの選挙で、

スキ
12
マオリの怪物が覚醒する話など/南山宏・ちょっと不思議な話

マオリの怪物が覚醒する話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年8月号、第340回目の内容です。 文=南山宏 笑うオランダ人  オランダ南部の食料雑貨品店経営者フーグ・ボッセ老人(70歳)は、2年前に腰骨の外科手術を受けて以来、どういうわけか目覚めている間は、ほとんど止めどなく笑い続けるようになった。  といってもほかの日常的な行動はまったく正常で、会話もちゃんとできる。ただ俗にいう〝箸が転んでもおかしい年ごろ〟の女の子みたいに、何かといえばすぐにゲラゲ

スキ
17
交通事故対策で妖精治安長官が起用された話など/南山宏のちょっと不思議な話

交通事故対策で妖精治安長官が起用された話など/南山宏のちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2021年8月号、第448回目の内容です。 運転犬  米ワシントン州のハイウェイパトロール隊が、猛スピードで飛ばす速度違反車を長時間のカーチェイスの末、とうとう確保して、その運転者(?)を逮捕した。 「右に左にフラつきながら走っていて、とても変則的な運転だった……警察に通報した多数の目撃者は、みな口々にそう指摘した」  警察の報道官は説明した。 「2台の車と衝突しながら停止もせず、時速175キロも出して

スキ
16
試験会場のジェームズ・ボンドとゴールドフィンガー/南山宏・ちょっと不思議な話

試験会場のジェームズ・ボンドとゴールドフィンガー/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2017年7月号、第399回目の内容です。 文=南山宏 史上最悪の落雷  昨年8月26日、同種の落雷被害ではおそらく史上最悪の事件が、ノルウエー中央部で発生した。  子供70頭を含む322頭ものトナカイの群れが、たった1発の落雷で全滅の憂き目に遇ったのだ。  現場となった山岳地帯のハルダンゲルヴィッダ高原を飛んだ警備当局ヘリの撮影画像には、トナカイの死体が比較的狭い地域に、折り重なるようにして倒れて

スキ
8
逆ゲン担ぎ飛行機に乗り込む人たちなど/南山宏・ちょっと不思議な話

逆ゲン担ぎ飛行機に乗り込む人たちなど/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2017年6月号、第398回目の内容です。 文=南山宏 テロ〝リス〟ト 「わが国の発電・送電などを含む最重要インフラ設備を、今この瞬間にも壊滅の危機に曝す元凶は、敵対組織のサイバーテロよりも、見た目は可愛いリスたちだ!」  本年1月17日付〈BBCニューズ〉によれば、サイバー安全対策専門家クリス・トーマス氏は、イギリス国内の停電事故の追跡調査結果に、自分でも驚いたそうだ。  動物が原因で発生した停電

スキ
4
UFOにアブダクションされた人を受け入れる脳神経科医の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

UFOにアブダクションされた人を受け入れる脳神経科医の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2016年8月号、第388回目の内容です。 文=南山宏 紙幣の雨  インドはヒマチャルプラデシュ州シムラで一昨年8月31日、民家に侵入したマカク属(ニホンザルもその仲間)のサルは、餌になるような食べ物を見つけられなかった腹いせか、1万ルピー(約1万7000円)分の低額紙幣(5ルピーと10ルピー)の束を盗み出すと、あっと驚く行動に出た。  トタン屋根に座りこむと、行き交う通行人たちめがけて、紙幣を1枚

スキ
8