マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

434
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#オカルト探偵

「八尺様」の抱擁/オカルト探偵・吉田悠軌の”女が怖い”

オカルト探偵が追いつづける怪談のなかの「怖い女」。第2回は、投稿系ネット怪談の傑作として今日まで語り継がれるキャラクター「八尺様」。意思疎通不可の恐ろしい怪物として登場したそれは、ネットの二次創作文化と結びつくことで意外な変貌を遂げていった。 文==吉田悠軌 挿絵=森口裕二 赤い女と白い女 現代怪談を追いかけるときに、私がいつも注目しているのが「赤い女」である。かなりの長身で、赤い服に身を包んだ女たち。実話怪談・都市伝説・学校の怪談のジャンルを横断し、たびたびその姿を表す

スキ
17

不滅の「カシマさん」/オカルト探偵・吉田悠軌の”女が怖い”

オカルト探偵・吉田悠軌が生涯をかけ追いつづける、怪談や都市伝説にあらわれる「怖い女」たちの姿。彼女たちをピックアップし、その恐怖の根源をひもとかんとするのが当連載の狙いである! 第1回は、さまざまな怪談のルーツにもなっている、この「怖い女」から。 文=吉田悠軌 挿絵=森口裕二 怖い女「カシマさん」  カシマさん、カシマ様、カシマレイコ……。さまざまに呼ばれる「カシマ」という女。  その正体は謎に包まれているが、多くの場合、片足か両足を失った女性の怨霊だと噂される。そして

スキ
13

実話怪談と心霊ドキュメンタリーが追った「恐怖のリアリティ」/吉田悠軌・オカルト探偵

「実話怪談」と「心霊ドキュメンタリー」。一般的にはほぼ同じジャンルと思われがちだが、その実、両者は正反対のベクトルを歩んだといっていいほどに違うものなのだ。90年代以降、「不思議とリアリティ」を追い求めつづけたふたつの文化運動の現在地とは? 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 「実話怪談」と「心霊ドキュメンタリー」  私は「オカルト探偵」を名乗ってはいるが、オカルト全般の知識が深いわけではない。あくまでメインの活動は「実話怪談」の収集と発表である。 「実話怪談」はかなり新しいム

スキ
18

1978年の「口裂け女」メディア報道/吉田悠軌・オカルト探偵

「口裂け女」の噂は、1979年の大流行によって初めて日本全国へ広まった……そんな”定説”のマスクをはがし、オカルト探偵が「これでも……?」とデータを見せつける。1978年に埼玉で出現した「口の裂けた女」が報じられていた資料を発見したのだ! ムー本誌に先駆け、前振り・速報記事をお届けする。 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 1979年1月22日「名古屋タイムズ」「……わたし、きれい?」  宵闇に子どもを待ちぶせ、そう問いかけてくるトレンチコートの大女。マスクをはずせば、耳まで裂

スキ
33

リアルタイム“怪奇”配信「ムー TikTok LIVE 最恐都市伝説・鮫島事件 生解説&怪談トークSP」12月10日20時~配信!

 都市伝説「鮫島事件」の解説を、吉田悠軌(オカルト探偵)、鹿目凛(でんぱ組.inc)をゲストにTikTok LIVEで生配信!  実は2020年9月から「TikTok」に参入しているのだ。 [配信概要] 「ムー TikTok LIVE 最恐都市伝説・鮫島事件 生解説&怪談トークSP」■日時:2020年12月10日(木)20時~21時予定(無料) ■出演者:吉田悠軌、鹿目凛(でんぱ組.inc)、ムー編集部 ■企画協力:TikTok ■制作協力:ディアステージ 最恐都市伝

スキ
7

ウェブ→本誌→ウェブの「アマビエ」リレーと読者層のこと/ムーPLUS編集雑記

 ウェブマガジンと本誌で記事を相乗りしているムーですが、5月9日発売の2020年6月号では「アマビエ」記事が話題です。  ウェブでもおなじみのオカルト探偵・吉田悠軌さんによる巻頭特集「アマビエがダイヤモンド・プリンセス号として顕現していた!」と、連載の怪談解題「船橋の『白い三角』怪談」が連動しています。  実は巻頭特集の「アマビエ=ダイヤモンド・プリンセス号」の記事は、ウェブで3月21日に先行掲載していたものです。制作時間に余裕のあった本誌では予言獣の資料図版が充実してい

スキ
23

アマビエはダイヤモンド・プリンセス号だ! メディアが拡散した現代の予言獣/吉田悠軌・オカルト探偵

「早々私ヲ写シ人々ニ見セ候得」ーー悪疫を予言した獣として話題の「アマビエ」について、オカルト探偵・吉田悠軌が調査に乗り出した。その由来と、出現の意味に迫るなかで、驚きの「現代アマビエ」を指摘するーー。 驚天動地! 我々は、すでにアマビエを目の当たりにしていたのである。 文=吉田悠軌 アマビエは横浜に寄港していた 新型コロナウイルス騒動の中、SNSにて話題となった「アマビエ」。  災害や豊作を予言し、自分の姿を写し見せよと宣言する「予言獣」の一種である。今年2月末から3月い

スキ
102