マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

550
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#東京

都市伝説の怪異を印と霊符で調伏『GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)』/藤川Q・ムー通

ゲーム雑誌「ファミ通」とのコラボで、ムー民にこそ遊んでいただきたいゲームをお届けする“ムー通”、おひさしぶりにウェブに登場。 今回取り上げる作品は、日本の都市伝説を存分に盛り込んだ話題作『GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)』だ! ※『週刊ファミ通』2022年4月7日号 『Ghostwire;Tokyo』発売記念特集掲載コラムより転載 文=藤川Q #ムー通 現代怪異を調伏せよ! 今回ご紹介する『GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤ

スキ
17

歓楽街の怪談を肴に呑む! 「東京怪奇酒」清野とおるをムー的現場へご案内

幽霊が出る場所で、酒を呑む。いたずら感覚の肝試しではなく、だれかの心霊体験を肴にして、静かに呑む。そんな異色の実録漫画『東京怪奇酒』が、なんと「東京ウォーカー」誌にて連載中だ。作者は北区赤羽の人々や暮らし、または極個人的なこだわりを取材してきたルポ漫画の旗手、清野とおる氏。 実在の心霊スポットが舞台となる作品と聞いて、「ムー」も黙ってはいられない。 ――「心霊スポット巡りのプロを連れていくので、もっとすごいところで、怪奇酒やりませんか?」 そんな提案が実現し、われわれはネ

スキ
28