ちょっとムーでも読んでいきなよ

261
「死んだ前夫」/読者のミステリー体験

「死んだ前夫」/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 死んだ前夫 北海道/福島ユミ子(23歳)   私は19歳のとき、5歳上の男性と結婚しましたが、2年後の21 歳のときに離婚しました。そして、札幌の実家に戻り、就職もし、恋もして、まったく新しい人生を歩み出したのですが、ある日、別れた夫が会いにきました。  彼は、私に「もう一度、やり直そうよ」と迫りましたが、私は断りました。私の新しい恋人も、彼に

14
「チヨノの神隠し」/読者のミステリー体験

「チヨノの神隠し」/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 チヨノの神隠し 東京都/宮井まゆみ  神隠し、ということばは昔からよくいわれるが、本当はどんな現象なのか。私の身近に起こった事件など、不思議としかいいようがない。昭和25〜26年のこと、所は熊本県K郡にある村で起こった事件である。  柳瀬チヨノは貧しい農家の子で、当時、小学3年生だった。村の人たちの間に、柳瀬の家は水神さんに見込まれているから

22
「惨殺された叔母の通夜」/読者のミステリー体験

「惨殺された叔母の通夜」/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 惨殺された叔母の通夜 青森県/橋本千恵美(15歳)  今から3年ほど前の夏、私の叔母さんが夫にガスコンロで殴られて死ぬという、悲惨な事件がありました。  これは、その通夜の席で起きた不思議な出来事です。  突然、殺された叔母さんの長女が、口から泡を吹き、目を白黒させて倒れてしまったのです。  それで私の父が急いで彼女を布団に寝かせ、気つけ薬を飲

24
「まぶしいドライブ」/読者のミステリー体験

「まぶしいドライブ」/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 まぶしいドライブ 高知県/大村正子(14歳)  昭和58年5月、私が中学3年生になったばかりのころです。  新しいクラスで親しくなった友達K子、M子、T子の3人と、T子の兄とその友達のHさんの計6人で、ゴールデンウィークを利用してドライブに行きました。Hさんの運転する車で、2泊3日の予定でした。行き先は別に決めず、おもしろくなかったら途中からでも

23
「5歳の子供は」/読者のミステリー体験

「5歳の子供は」/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 5歳の子供は 神奈川県/左今和久(19歳)  今から14年も前の夏のことでした。当時、私はまだ5歳で、東京の練馬にある建設会社の寮の2階に両親と住んでいました。  ある夜、夕食後に父と一緒に花火を楽しみ、スイカを食べて、床に就いたのが8時過ぎでした。そして、トイレに起きたのが0時過ぎ。幼かったにもかかわらず、なぜか私は、その夜のことを妙にはっき

18