ちょっとムーでも読んでいきなよ

259
世界中に実在する呪われた建物「幽霊屋敷」の怪/世界ミステリー入門

世界中に実在する呪われた建物「幽霊屋敷」の怪/世界ミステリー入門

どこの国にも、幽霊が出没したり、不思議な音や心霊現象が発生したりする、いわゆる「幽霊屋敷」が存在する。 それらの現象は、かつてそこに住んだ人間が残した強い怨念が引き起こすのか——? 世界有数の幽霊屋敷の数々を見ていこう。 文=中村友紀 亡霊から逃れるため築かれたウィンチェスター・ハウス 「西部を征服した銃」と呼ばれたウィンチェスター銃の製造で、莫大な財をなした夫一族の遺産を相続した未亡人サラ・ウィンチェスター。だが、娘と夫に先立たれ、心の隙間を埋めきれない彼女は、あると

6
ウラメシヤ/読者のミステリー体験

ウラメシヤ/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 ウラメシヤ 神奈川県 44歳 倉木茂男  今からおよそ22年ほど前のことになります。私は、仕事の関係で昭和45年から約3年間、宮城県仙台市に移り住みました。当時、その地に新しく開設された営業所は、私を含む東京からの出向組3人と地元から参加してくれた人たちの男女8人の、計11人で運営されていました。  私がその営業所のメンバー全員と、県内の秋保温

7
キラキラした球体からの呻き声……/あなたのミステリー体験

キラキラした球体からの呻き声……/あなたのミステリー体験

お願い! 私たちを助けて! ! 悲痛な願いも空しく火災で焼死した母子。 この親子には、とうてい、死を受けいれることなどできないのだろう。 道行く人々に助けを求め、死後も街を徘徊する悲しいふたり連れ……。 イラストレーション=不二本蒼生 全身火傷の親子 ◆Sさん(52歳)/静岡県  親元を離れて都内の大学に通うため、アパートで独り暮らしをしていたころの出来事です。  ある夜のこと、私は大学のゼミの研究発表を控え、夕食も取らずに資料作りに没頭していました。しかし、さすがに

6
学校・トンネル・病院の怪奇体験投稿/あなたのミステリー体験

学校・トンネル・病院の怪奇体験投稿/あなたのミステリー体験

子供たちはとっくに帰宅し、静まりかえった校内。巡回のため階段にさしかかると、踊り場の鏡に男性とおぼしき姿が。いるはずのない人の姿がなぜそこに? イラストレーション=不二本蒼生 踊り場の鏡 ◆Hさん(52歳)/静岡県  これは、以前、私と同じ学校に勤務していた、S先生というベテラン女性教師が体験した出来事です。  S先生に『戸締り当番』がまわってきた日のことでした。その学校では、月に1~2度、順番で、教師が帰宅する前に校舎内の戸締りを確認することになっていました。  

14
フェルミのパラドックスと”早い者丸得勝ち”仮説の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

フェルミのパラドックスと”早い者丸得勝ち”仮説の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2018年9月号、第413回目の内容です。 文=南山宏 早い者丸得勝ち  天文学者や天文通ならおなじみの〝フェルミのパラドックス〟とは、イタリアのノーベル賞物理学者エンリコ・フェルミが提起した「(宇宙にこれだけ星があるのなら)彼らはどこにいる?」という壮大な哲学的疑問のことだ。 〝彼ら〟とは〝異星人〟つまり人類のような文明生物を意味する。  フェルミが1950年に提起したこの設問に対しては、以来さま

16
英国ではペットも霊を見る話など/南山宏・ちょっと不思議な話

英国ではペットも霊を見る話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2018年10月号、第414回目の内容です。 文=南山宏 サイキック・ペット  イギリスの由緒ある民間動物愛護組織〝ブルークロス〟が、2017年10月に行ったアンケート調査によると、飼い主の29パーセントは自分のペット(大半はイヌやネコ)が幽霊を目撃した、あるいは何らかの超自然的存在を感知したことがあると信じているという。  さらに43パーセントは、自分のペットが目には見えない存在に向かって吠えたり

18
7万9000年後の宇宙隣人に備える話など/南山宏・ちょっと不思議な話

7万9000年後の宇宙隣人に備える話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2019年2月号、第418回目の内容です。 文=南山宏 エイリアン信号 「われわれは太陽系外に存在する地球によく似た文明惑星を、天文観測史上初めて発見した!」  2017年11月8日、南米チリのアタカマ砂漠で米英をはじめヨーロッパ各国に日本や韓国も加わった16か国により共同運営される〝ヨーロッパ南天天文台(サザン)〟が、衝撃的な公式発表を行った。  発見のきっかけは、同年4月にプエルトリコのアレシボ

16