マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

430
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#幽霊

イギリスに「幽霊博物館」オープン! 呪いの人形が怪奇現象を起こす現場を紹介/遠野そら・MYSTERYPRESS

心霊先進国・イギリスにまたひとつ、注目のスポットが誕生した。現役の「呪いの人形」が怪奇現象を起こす「幽霊博物館」であるーー。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 幽霊博物館、オープン! イギリス・ミッドランド西部の町、ストーク・オン・トレントにある幽霊博物館が話題になっている。心霊マニアの館長が展示しているコレクションが、まさにイギリス最恐だというのだ。  2021年8月にオープンしたこの幽霊博物館。館長のクレイグ・ロングソン氏によると、博物館1番の目玉は今から7

スキ
14

冷たいバー/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 冷たいバー 栃木県 30歳 山田宏  8年前に大学を卒業し、大手印刷会社の支所に就職しました。そして約2か月の期限で、本社研修のため、東京都T市にある本社寮に入寮しました。1か月もたつと研修生活にも慣れて、自由時間には本社で知りあった同僚たちと居酒屋などに飲みにいくようになりました。  そんなある夜のことです。  一日のスケジュールを終えた私は

スキ
10

異形のUFO、聖画からこぼれる血の涙、監視カメラが捉えた怪現象……世界の超常現象ファイル2021/並木伸一郎

いまだ完全収束せぬ新型コロナウイルスの恐怖、世界各地でくすぶる戦争の火種……。いい知れぬ不安に包まれたこの世界の間隙を縫うように、今年もまた、起こりつづける謎に満ちた超常現象。2021年の事件ファイルをここに一挙公開する。 文=並木伸一郎 Chapter 01 UFO 立てつづけに出現したソーラークルーザー 少し前までまったく知られていなかった、太陽近傍に出現するミステリアスな飛行物体――ソーラークルーザー。  その存在が1997年以降、NASA(アメリカ航空宇宙局)と

スキ
11

二十数年たっても/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 二十数年たっても 富山県 25歳 大田和子  私の実家は衣料品店を経営していて、お店のお客さんに82歳になるお婆さんがいます。このお婆さんが、ある日、突然、私たちがびっくりするようなことをいいだしました。 「私には死んだ人が見えるんだよ」  昔、お婆さんの家の筋向かいに夫婦と息子ひとりの3人家族が住んでいたそうです。ところがこの家のご主人が、

スキ
17

古い学生寮に住み続けている霊の話…ほか/ミステリー体験

戦前に建った古い学生寮。そこで快適に過ごしていたある真夏の夜のこと。夢の中に見知らぬ人物が! 氷のように冷たい手をした薄気味悪い謎の人物。この世のものか、はたまたあの世からの訪問者か。真相は今も闇の中……。 イラストレーション=不二本蒼生 学生寮の夜◆林田恵子/栃木県足利市(51歳)  通っていた大学には学生寮があり、私は3年間ほどそこでお世話になっていました。  その学生寮は戦前に建てられたもので、造りはとてもモダン。アンティークの好きな私は、当時、その学生寮に大きな

スキ
13

夏の夜のタクシー幽霊譚…意外すぎる乗客とその行く先/黒史郎・妖怪補遺々々

講談の世界でも「冬は義士、夏はお化けで飯を食い」などというように、夏のお話といえば怪談! なかでも「タクシーの幽霊」は定番中の定番ですが、そこはいかにも妖怪補遺々々らしい斜め上なお話を紹介しよう。 ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ!  文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 タクシー怪談 ひと気のない夜道を走る、1台のタクシー。  舗装された道から未舗装の道に変わると、節くれだった

スキ
19

世界中に実在する呪われた建物「幽霊屋敷」の怪/世界ミステリー入門

どこの国にも、幽霊が出没したり、不思議な音や心霊現象が発生したりする、いわゆる「幽霊屋敷」が存在する。 それらの現象は、かつてそこに住んだ人間が残した強い怨念が引き起こすのか——? 世界有数の幽霊屋敷の数々を見ていこう。 文=中村友紀 亡霊から逃れるため築かれたウィンチェスター・ハウス 「西部を征服した銃」と呼ばれたウィンチェスター銃の製造で、莫大な財をなした夫一族の遺産を相続した未亡人サラ・ウィンチェスター。だが、娘と夫に先立たれ、心の隙間を埋めきれない彼女は、あるとき

スキ
8

ウラメシヤ/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 ウラメシヤ 神奈川県 44歳 倉木茂男  今からおよそ22年ほど前のことになります。私は、仕事の関係で昭和45年から約3年間、宮城県仙台市に移り住みました。当時、その地に新しく開設された営業所は、私を含む東京からの出向組3人と地元から参加してくれた人たちの男女8人の、計11人で運営されていました。  私がその営業所のメンバー全員と、県内の秋保温泉

スキ
7

キラキラした球体からの呻き声……/あなたのミステリー体験

お願い! 私たちを助けて! ! 悲痛な願いも空しく火災で焼死した母子。 この親子には、とうてい、死を受けいれることなどできないのだろう。 道行く人々に助けを求め、死後も街を徘徊する悲しいふたり連れ……。 イラストレーション=不二本蒼生 全身火傷の親子 ◆Sさん(52歳)/静岡県  親元を離れて都内の大学に通うため、アパートで独り暮らしをしていたころの出来事です。  ある夜のこと、私は大学のゼミの研究発表を控え、夕食も取らずに資料作りに没頭していました。しかし、さすがに深

スキ
6

学校・トンネル・病院の怪奇体験投稿/あなたのミステリー体験

子供たちはとっくに帰宅し、静まりかえった校内。巡回のため階段にさしかかると、踊り場の鏡に男性とおぼしき姿が。いるはずのない人の姿がなぜそこに? イラストレーション=不二本蒼生 踊り場の鏡 ◆Hさん(52歳)/静岡県  これは、以前、私と同じ学校に勤務していた、S先生というベテラン女性教師が体験した出来事です。  S先生に『戸締り当番』がまわってきた日のことでした。その学校では、月に1~2度、順番で、教師が帰宅する前に校舎内の戸締りを確認することになっていました。  そ

スキ
14

フェルミのパラドックスと”早い者丸得勝ち”仮説の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2018年9月号、第413回目の内容です。 文=南山宏 早い者丸得勝ち  天文学者や天文通ならおなじみの〝フェルミのパラドックス〟とは、イタリアのノーベル賞物理学者エンリコ・フェルミが提起した「(宇宙にこれだけ星があるのなら)彼らはどこにいる?」という壮大な哲学的疑問のことだ。 〝彼ら〟とは〝異星人〟つまり人類のような文明生物を意味する。  フェルミが1950年に提起したこの設問に対しては、以来さまざ

スキ
15

英国ではペットも霊を見る話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2018年10月号、第414回目の内容です。 文=南山宏 サイキック・ペット  イギリスの由緒ある民間動物愛護組織〝ブルークロス〟が、2017年10月に行ったアンケート調査によると、飼い主の29パーセントは自分のペット(大半はイヌやネコ)が幽霊を目撃した、あるいは何らかの超自然的存在を感知したことがあると信じているという。  さらに43パーセントは、自分のペットが目には見えない存在に向かって吠えたり唸

スキ
16

7万9000年後の宇宙隣人に備える話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2019年2月号、第418回目の内容です。 文=南山宏 エイリアン信号 「われわれは太陽系外に存在する地球によく似た文明惑星を、天文観測史上初めて発見した!」  2017年11月8日、南米チリのアタカマ砂漠で米英をはじめヨーロッパ各国に日本や韓国も加わった16か国により共同運営される〝ヨーロッパ南天天文台(サザン)〟が、衝撃的な公式発表を行った。  発見のきっかけは、同年4月にプエルトリコのアレシボ電

スキ
16