マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

550
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#ファミ通

祝!『Fallout 76』WASTELANDERSアップデート 荒廃世界のウェストバージニアでフラットウッズモンスターの正体を追う!/藤川Q・月刊ムー通

ファミ通の怪人編集者・藤川Qがムー的なゲームを紹介。 前回に続いてオンラインRPG『Fallout 76』を題材に、ご当地エイリアンとして人気のフラットウッズ・モンスターとの接触を報告する! 文=藤川Q 核戦争後の世界でフラットウッズ・モンスターと遭遇 これまたムー民の皆様になら説明を要することもないであろう、日本では”3メートルの宇宙人”として知られているフラットウッズ・モンスター(関連記事)。1952年、アメリカはウェストバージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町

スキ
14

公開記事●世紀末モスマン遭遇伝説『Fallout 76』の巻/藤川Q・月刊ムー通

ムー民の皆様にファミ通の怪人編集者こと藤川Qがムー的なゲームを紹介する本コーナー。 今回取り上げる作品は、ゲーム史上、最も濃厚なモスマンとの遭遇体験が楽しめるオンラインRPG『Fallout 76』。 核戦争後の世界にモスマン ムー民の皆様になら、もはや説明を要することもないであろうモスマンの怪。巨大な眼を発行させる蛾のような姿の正体不明の生物で、予言を行うともいわれている謎の存在だが、『Fallout 76』では、もはや本作におけるひとつのアイコンかのように描かれており、

スキ
16

公開記事●『ムシカゴ オルタナティブマーチ』の巻 SCP風味近未来SF小説のススメ/藤川Q・月刊ムー通

ムー民の皆様にファミ通の怪人編集者こと藤川Qがムー的なゲームを紹介する本コーナー。今回取り上げる作品は、世紀末世界で調査員のお世話係となるという奇想が活きるスマートフォン用アドベンチャー作品『ムシカゴ オルタナティブマーチ』。 文=藤川Q ムシカゴ オルタナティブマーチ 本作は、フロイト心理学や文学作品をモチーフとした静謐なるアドベンチャー『ALTER EGO』で人気を博しているスタジオ、カラメルカラムの最新作となる作品だ。  舞台は"街獣"と呼ばれる正体不明の生命体が

スキ
9