マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

550
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#MYSTERYPRESS

ミステリースポット「スキンウォーカー牧場」でUFOの破片が発見された!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

ポルターガイストやキャトルミューティレーションまで多様な怪奇現象が起きているスキンウォーカー牧場。新たな調査で、墜落UFOの痕跡が発見されたというが……? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 墜落UFOが埋まっている!? 米・ユタ州にあるスキンウォーカー牧場。200年以上も前からUFOの出現や超常現象が報告されている怪異多発地帯である。その原因を解明しようと、幾度となく研究家らが調査に訪れているが、その報告は限りなく少ない。  だが、2016年。スキンウォーカー牧場

スキ
15

月のダブルクレーターから読む「月面資源開発競争」の始まり/遠野そら・MYSTERYPRESS

月面にUFOが墜落した! と騒がれた「ダブルクレーター」事件。そもそも「墜落」ではなく、資源開発を目的とした「爆破」だったとしたら……? 米中で月面の資源争いが始まっているのか? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS UFOが墜落した? クレーターの謎 2022年6月。NASAが「月面に謎の二重クレーターができていた」ことを発表し、話題を呼んだ。  これは今年5月、観測衛星LROが撮影した月の裏側の画像から発見されたもの。NASAによると、東側が直径18メートル、西側

スキ
18

119年前の呪われた人形がもたらす「異常」な体調/遠野そら・MYSTERYPRESS

所有者や周囲の人が続々と体調不良になることから「呪い」の発信源として恐れられる呪物人形がある。霊界通信で判明したその名は「ジャネット」。彼女は何を呪っているのか……? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 体調不良をもたらす人形 世界各地に伝わる呪われた人形の伝説。人形の中に宿った魂が、奇々怪々な現象を引き起こすと伝えられている。なかには周囲の人間に災いや死をもたらすほど、強力な力を持った人形も存在するそうだ。  イングランド中部・ノーサンプトン在住の男性、ミキ・ヨ

スキ
17

古代エジプト「ヘリコプター」レリーフを巡る不自然な「重ね書き」説/遠野そら・MYSTERYPRESS

オーパーツとして知られる「古代エジプトのヘリコプター」レリーフには、重ね書きで生じたものという指摘がある。合理的に思えるが、わかりやすい説明のための説でしかないのかもしれない。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 古代エジプトにヘリコプターがあった!? 古代に飛来した宇宙人が文明を授けた、という古代宇宙飛行士説の根拠は世界各地にあるが、古代エジプト文明にも、もちろん天空からの超越者を思わせる遺物がある。高度な文明技術はもちろんのこと、“それらしきもの”が描かれた壁画

スキ
24

「トリノの聖骸布」はやはりイエス・キリストの同時代のものだった!最新科学調査で年代測定に新説/遠野そら・MYSTERYPRESS

十字架で処刑されたイエス・キリストを包み、その姿を写し取ったとい「聖骸布」。この聖遺物ーー聖書オーパーツについては、年代について疑問が提示されてきた。しかし最新の調査で、イエス・キリストの時代に近いという説が! やはり、聖骸布は本物だった! 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 磔刑されたイエス・キリストの姿 十字架に磔にされたキリストの遺体を包んだとされる『トリノの聖骸布(せいがいふ)』。イタリア・トリノのドゥオモ「聖ヨハネ大聖堂」に保管されている聖遺物の1つだ。

スキ
19

UFO多発地帯コスタリカに飛来する「きわめて本物」の未確認飛行物体/遠野そら・MYSTERYPRESS

鮮明に撮影された「円盤」で知られるUFOスポット、コスタリカ。現地では、奇妙なドーム型の飛行物体がいくつも目撃、撮影されている。「きわめて本物」の画像を含めて、紹介しよう。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS コスタリカはUFO多発地帯「過去最高のUFO画像」として再び注目を集めているコスタリカのUFO画像。これは1971年9月、国立地理研究所が撮影した空中写真に偶然映り込んでいたものである。画像には、金属製と思われる円盤型飛行体が鮮明に写っていることから、ニューヨ

スキ
27

発生学円盤とクレスピ神父のアトランティス遺産コレクションの謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

生命の発生過程を記した古代の石板「遺伝子ディスク」。オーパーツとして知られるが、その由来が「アトランティス」にあるという説を紹介する。数々の古代遺物を持っていたクレスピ神父との関係とは? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 生命の誕生を記す古代の石板 場違いな工芸品=オーパーツ。その時代にそぐわない高度な技術や、知識などが施された謎の遺物を指す。世界各地で様々なオーパーツが発見されているが、南米・コロンビアで発見された「発生学円盤」、通称・遺伝子ディスクもその1つだ

スキ
17

もうひとりの自分が現れる超常現象「バイロケーション」は聖職者の秘術なのか?/遠野そら・MYSTERYPRESS

同じ時間に別の場所で、同じ人物が目撃される。「バイロケーション」現象。聖職者が自分の意思で発現させる特殊能力としての報告が多いが、はたしてそれは神の恵みか、パラレルワールドとの接触か? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 聖職者は己を複製する!? 同じ人間が同時に2か所で目撃される現象「バイロケーション」。自分の意志で、他の場所に姿を発現させる超常現象の1つである。かの有名なピタゴラスや、ノストラダムスの他、カトリック教会における聖人たちがこのような能力を示したとい

スキ
26

発見者に脅迫も!「フォレスト・フェンの埋蔵金」騒動の顚末/遠野そら・MYSTERYPRESS

アメリカ・ロッキー山脈を舞台に繰り広げられた「フォレスト・フェンの埋蔵金」騒動。2020年に発見され、騒ぎは落着したと思いきや……? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 24行の詩をヒントに1億円以上に相当する財宝を発見 35万人もの人々がロッキー山脈に分け入った大騒動として記憶される「フォレスト・フェンの埋蔵金」。2020年に見事発見され、人々を熱狂させた宝探しゲームは幕を閉じた――かに見えたが、まだまだ話題は尽きないようだ。  2020年6月。アメリカで美術商

スキ
11

北極圏の幻の島「ルペス・ニグラ」の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

北極海には巨大な岩山を中心とした「島」がある! 歴史上、いくども地図に記されたそこは、未踏の楽園か、それとも地球内部への入り口か? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 北極圏に陸地がある!? その昔、北極圏に存在していたとされる幻の島「ルペス・ニグラ」。島全体が磁気を帯びた巨大な岩山で、その周りを4つの大陸が囲んでいると伝えられている。その存在については様々な説があるものの、果たしてこれはただの伝説なのだろうか。  北極は海水が凍った厚い氷の塊であり、陸地ではない

スキ
21

カナダのUFOスポットに飛来した「チャーリー・レッドスター」の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

UFOホットスポット、マニトバには住民からニックネームをつけられるほど親しまれたUFO事件がある。「チャーリー・レッドスター」の正体は、地元施設の監視者だったのか? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS カナダのUFOホットスポット、マニトバ 近年UFO目撃情報が多発しているカナダ。なかでも手つかずの自然が多く残されているマニトバ州は、古くから謎の飛行体が目撃されているホットスポットである。  とくにUFO目撃事件が相次いでいた1960年~1970年代。マニトバ州南部

スキ
14

武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?/遠野そら

新型コロナウイルスによるパンデミックは2019年末から世界を一変させて しまったが、今、ある小説が話題となっている。ディーン・クーンツによる1981年の作品だが、「中国・武漢の研究所から殺人ウイルスが持ち出される」という設定なのだ。はたしてこれは予言だったのか? フィクションが現実化していく、恐怖の2020年を読む。 文=遠野そら ウイルス禍を予言していた『闇の眼』 いまだ終息の気配が見えない新型コロナウイルス。それは中国・武漢の水産市場から瞬く間に世界中へ広がり、最近で

スキ
29

チリ、メキシコで発生! 最新チュパカブラ事件の恐怖/遠野そら・MYSTERY PRESS

家畜の血を吸うUMA、チュパカブラの出現が相次いでいる。なかなか姿を見せない謎のモンスターは、その生息域を静かに広げているのだ。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS チリで新たなチュパカブラ被害 カリブ海に浮かぶ島・プエルトリコでUMA「チュパカブラ」の被害報告が相次いだのは、今から約25年前のこと。被害にあった家畜の死体は、鋭い牙が刺さったような穴があけられており、そこから体内の血液だけが抜き取られていた。四国の約半分というこの小さい島で、ヤギ、ヒツジ、牛、ウサギ

スキ
14
有料
200

伝説の怪物UMAポンベロがアルゼンチンに出現!子供を誘拐した!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

小鬼のような姿で知られる怪物UMAポンベロがアルゼンチンの国立大学に出現! 子供を誘拐した怪物と同一個体なのか? 現地は謎と恐怖に覆われている。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS アルゼンチンの国立大学に怪物出現 南米を中心に目撃情報が絶えない伝説の怪物「ポンベロ」。ついにその姿をとらえたという映像が公開され、SNSを中心に話題になっている。  その映像は2022年4月27日のもの。アルゼンチン・ブエノスアイレスにあるロマス・デ・サモラ国立大学の公式インスタグラム

スキ
16