ちょっとムーでも読んでいきなよ

325
マオリの怪物が覚醒する話など/南山宏・ちょっと不思議な話

マオリの怪物が覚醒する話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年8月号、第340回目の内容です。 文=南山宏 笑うオランダ人  オランダ南部の食料雑貨品店経営者フーグ・ボッセ老人(70歳)は、2年前に腰骨の外科手術を受けて以来、どういうわけか目覚めている間は、ほとんど止めどなく笑い続けるようになった。  といってもほかの日常的な行動はまったく正常で、会話もちゃんとできる。ただ俗にいう〝箸が転んでもおかしい年ごろ〟の女の子みたいに、何かといえばすぐにゲラゲ

スキ
17
第9惑星もニュージーランドも結婚相手もマボロシだった…という話など/南山宏・ちょっと不思議な話

第9惑星もニュージーランドも結婚相手もマボロシだった…という話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2018年12月号、第416回目の内容です。 文=南山宏 非実在国家  観光の目的でパキスタンを訪れたニュージーランド人旅行者クローエ・フィリップス=ハリスさん(28歳)は、同国アルマティ空港で思わぬ足止めを食わされた。  税関の役人たちが「ニュージーランドは国ではなく、オーストラリアの一部にすぎない!」といいはって、彼女を2日間も拘留し、何時間も尋問にかけたのだ。  どういうわけか、室内の世界地図

スキ
20