ちょっとムーでも読んでいきなよ

287
ナチス・ドイツを操った天才占星術師カール・エルンスト・クラフト/羽仁礼・ムーペディア

ナチス・ドイツを操った天才占星術師カール・エルンスト・クラフト/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、ヒトラーの暗殺計画を予言し、のちに〝ヒトラーの指南役〞とも噂された天才占星術師を取りあげる。 文=羽仁 礼 ヒトラーが重用した? 謎の天才占星術師  ナチス・ドイツは、国家ぐるみのオカルト集団だったともいわれる。この主張の一環として、アドルフ・ヒトラーにはお抱えの占星術師がおり、その助言に基づいて政策を決定していたという風説もあるようだ。その占星術師の名は、カー

13
富士五湖にネッシー型UMAがいた!? 全国「○ッシー」収集/山下メロ・平成UMAみやげ

富士五湖にネッシー型UMAがいた!? 全国「○ッシー」収集/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。 今回は、日本全国の湖を賑わせる、ネス湖のネッシー型のUMAを追いかけます。 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ 昭和と平成のオカルトブーム みなさんは平成のオカルトブームをおぼえていますでしょうか。令和の時代となり、ずっとそばにいた平成が、だんだんと懐かしいものになってまいりました。昭和には

13
猫顔異星人から生体・機械の異常現象まで…オーストラリア国立公文書館の「UFO文書」公開/遠野そら・MYSTERY PRESS

猫顔異星人から生体・機械の異常現象まで…オーストラリア国立公文書館の「UFO文書」公開/遠野そら・MYSTERY PRESS

オーストラリア国立公文書館が公開したUFOレポートには、世界各地のUFO・異星人情報が記されていた! 驚きの情報量には、なんとアレン・ハイネックがかかわっていた! 文=遠野そら #MYSTERYPRESS オーストラリア公文書に隠されていたUFO情報 UFOに関する情報の開示が相次ぐなか、オーストラリアでも、ある調査報告書が話題になっている。それはオーストラリア国立文書館(NAA)が公開したもので、1957年~1971年と14年に渡り世界各地で報告されたUFOや宇宙人の情

18
別の場所の夫/読者のミステリー体験

別の場所の夫/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 別の場所の夫 福井県 66歳 今井富貴子  私の前夫は、ときどき私に奇妙なことをいっていました。  どうやら自分には、もうひとりの自分がいて、その別の自分が別の場所にいることがよくあるらしい、などということです。  でも、当時、まだ若かった私にはそんな話は少しも信じられず、何をバカなことをいっているのだろうと思うだけでした。  そんな、ある日のこ

19
1950年代アメリカを覆う分断の闇「ラヴクラフトカントリー」恐怖の解体対談

1950年代アメリカを覆う分断の闇「ラヴクラフトカントリー」恐怖の解体対談

2020年の放送で世界的に話題となり、エミー賞にも18部門でノミネートされた傑作ホラードラマ 『ラヴクラフトカントリー』のDVDがレンタル展開される。1950年代アメリカを舞台に怪物や魔術、秘密結社が入り乱れる物語を通じ、人間同士の分断という闇も描かれる作品だ。本作が訴える恐怖の本性についての対談をお届けする! 語り=辛酸なめ子+三上丈晴(ムー編集長) 構成=いわたみどり 人物撮影=我妻慶一 取材協力=ワーナー・ブラザース 全国のレンタル店にてzalartworks氏によ

18
UFO・UAP情報公開に紛れる「CRAPs」という”異星人事件”カテゴリ/遠野そら・MYSTERY PRESS

UFO・UAP情報公開に紛れる「CRAPs」という”異星人事件”カテゴリ/遠野そら・MYSTERY PRESS

米国の情報開示でクローズアップされた「UAP」という用語。これによって「UFO」がさすものも変わろうとしている……という中で「CRAPs」なる用語にも注目が。UFO情報のニュアンスを読み解く重要ワードなのだ。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 「UAP」という呼称の真意 最近、米国ではUAP=未確認航空現象に関する情報の開示が続いている。米国防総省(ペンタゴン)からは海軍が撮影したUAP動画が次々と公開され、先日はついにUAPに関する調査報告書が公表されたばかり。

11
交通事故対策で妖精治安長官が起用された話など/南山宏のちょっと不思議な話

交通事故対策で妖精治安長官が起用された話など/南山宏のちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2021年8月号、第448回目の内容です。 運転犬  米ワシントン州のハイウェイパトロール隊が、猛スピードで飛ばす速度違反車を長時間のカーチェイスの末、とうとう確保して、その運転者(?)を逮捕した。 「右に左にフラつきながら走っていて、とても変則的な運転だった……警察に通報した多数の目撃者は、みな口々にそう指摘した」  警察の報道官は説明した。 「2台の車と衝突しながら停止もせず、時速175キロも出して

15
独居房/読者のミステリー体験

独居房/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 独居房 栃木県 36歳 相沢信之  私は、以前、死刑囚や無期囚といった凶悪な犯罪を犯した囚徒を収監し、施設内には死刑場もある、古い歴史をもつ刑務所で服役していました。  刑務所では、通常、雑居と呼ばれる大部屋で10人前後が共同生活を送り、免業日という休日以外は施設内にある各工場に行って、朝の8時から夕方4時までさまざまな作業に従事することになって

15
神聖幾何学「フラワー・オブ・ライフ」の開運呪術/ヘイズ中村

神聖幾何学「フラワー・オブ・ライフ」の開運呪術/ヘイズ中村

古代エジプトの聖地アビドス。その神殿であるオシレイオンには、古い時代に刻まれたとおぼしきフラワー・オブ・ライフが現存している(上の画像)。 こうした幾何学図形は世界中の文化に見られ、そこには呪術的な意味が込められている。ニューエイジムーブメント以降、「神聖幾何学図形」の代表として脚光を浴びるようになったフラワー・オブ・ライフのルーツと活用法を、現代の魔女・ヘイズ中村氏が指南する。 監修=ヘイズ中村 「ムー」2021年8月号では付録の「フラワー・オブ・ライフ」メダルを使

21
「エイリアン・アブダクションの深層」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「エイリアン・アブダクションの深層」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

エイリアン・アブダクションの深層 ジョン・E・マック 著必ず一度は目を通しておくべき 超一流の科学者のアブダクション研究書 ナチュラルスピリット 3278円(税込) エイリアン・アブダクションとは、本書によれば「人間型生物によって連れ去られ、さまざまな行為やコミュニケーションが行なわれる何らかの種類の囲まれた空間に引き入れられる体験」。要は、異星人による誘拐事例のことである。本書は、この現象を扱った研究書の白眉であり、本誌読者なら、必ず一度は目を通しておくべきものといえる

20