マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

550
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#異星人

整形外科医が「異星人インプラント」事例をビッグデータに!やつらの真意とは…?/遠野そら・MYSTERYPRESS

アメリカの整形外科医が「異星人に埋め込まれた謎の金属片」事例を収集。その性質は千差万別で、謎に満ちている。地球上の物質とは思えないそれらのビッグデータが意味することとは? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 整形外科医がインプラント事例を収集 世界各地で報告されている異星人による誘拐事件「エイリアン・アブダクション」。被害に遭った人々の体には、火傷や切り傷の他、発疹や抜毛など様々な異常が現れることが報告されている。  その”症状”の中でも最も特異なのが「エイリアン・

スキ
14

火星上空に円盤型UFOを発見‼ 探査機キュリオシティが撮影した謎の飛行物体/遠野そら

2012年に火星に到着し、今も現役で観測を続けるNASAの探査機・キュリオシティ。その送信データに謎の飛行物体が写り込んでいることが判明した。しかもその数は、ひとつやふたつではない。鮮明に確認できるその物体の正体は何なのか。 ◉惑星ミステリー◉ 文=遠野そら メキシコのUFO研究家が発見した「火星のUFO」 やはり火星にはUFO基地が存在するのだろうか。これまで数多くの人工的としか思えない構造物が発見されてきたが、ついに上空を飛行するUFOの鮮明画像が公開された。これまで

スキ
28
有料
200

UFO・UAP情報公開に紛れる「CRAPs」という”異星人事件”カテゴリ/遠野そら・MYSTERY PRESS

米国の情報開示でクローズアップされた「UAP」という用語。これによって「UFO」がさすものも変わろうとしている……という中で「CRAPs」なる用語にも注目が。UFO情報のニュアンスを読み解く重要ワードなのだ。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 「UAP」という呼称の真意 最近、米国ではUAP=未確認航空現象に関する情報の開示が続いている。米国防総省(ペンタゴン)からは海軍が撮影したUAP動画が次々と公開され、先日はついにUAPに関する調査報告書が公表されたばかり。

スキ
12

崩壊間近のソ連を訪れた3つ目の異星人 ヴォロネジUFO着陸事件/ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、ロシア南西部のヴォロネジ市で発生したUFOの着陸と異星人との遭遇事件を取りあげる。 文=羽仁 礼 写真協力=並木オフィス 世界に明かされた旧ソ連のUFO事件  1989年、旧ソ連でミハイル・ゴルバチョフ書記長が提唱したペレストロイカ(改革)、そしてグラスノスチ(情報公開)が推進されていたまさにその時期、ソ連国内ではUFOの集中目撃(ウェイブ)が発生し、異星人との

スキ
10

日本古代史&UFO&マヤ文明の特集満載の”超歴史”ムーCLUB 7月配信まとめ

毎月恒例、ウェブマガジン「ムーCLUB」の記事まとめ・7月配信分です。 今月は本誌でもなぜか集中した「日本古代史・天皇」特集記事のほか、UFO記事ではアポロ計画とオーロラ事件の特集もアーカイブ。 人気連載の「怪談行脚」(松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎)は映画『事故物件 恐い間取り』公開記念で全文公開中です。この機会に”田中の謎”をどうぞ。 ほか、サムネが気になったらクリックを。月額900円で(現時点で)約200の記事、推計100万字が読み放題です! 天照から昭和

スキ
12

<番組アーカイブ>鎌倉FM「理系の森」のムー特集

2020年5月16日~4週にわたってラジオ「理系の森」(鎌倉FM)さんで、「ムー、解体」という特集放送を行っていただきました。三上編集長の登板ではないので、三上ファンの方にはすいません。ムーPLUSの中の人が出ています。 「理系なので、論理的に超常現象はないと思います」「高度な文明をもつ異星人が変なことするのはおかしい」という道筋は、番組側があえて用意したステロタイプですね。現在の人間、地球のモノサシで語ったら、意味不明で当然でしょうーーという「わからないことをわかった」と

スキ
12

ウンモ星人からの手紙の送り主とは? 14.4光年の彼方から届くメッセージ/ムーペディア

世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、およそ60年間も世界のUFO研究家たちに謎めいた手紙を送りつづけている「ウンモ星人」を取りあげる。 文=羽仁 礼 写真協力=並木オフィス 約70年前に地球へやってきたウンモ星人  ウンモ星は、地球から見ると乙女座の方向、約14.4光年の距離にある「イウンマ」という恒星の惑星である。地球の天文学においても、この位置には「ウォルフ424」と呼ぶ天体が確認されており、これがウンモ星人のいうイウンマ

スキ
35