マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

550
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#イースター島

イースター島は別次元へのポータルだった! ペルーのUFOコンタクティが見出した波動の交点/遠野そら・MYSTERYPRESS

モアイ像でおなじみのイースター島は最強の次元ポータルだ! ペルーのUFO研究家が地球上のエネルギーの流れを分析し、そう断言する。失われたムー文明の謎も解ける……? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS イースター島=次元ポータル ペルーの有名なコンタクティでありUFO研究家のSixto Wells(シクスト・ウェルズ)が、「ある島には地上と地底を繋ぐ次元のポータルがある」と主張、「やがて科学者達は信じられない現実を目の当たりにする」とその島の所在を公開し話題になってい

スキ
15

<お知らせ>本気コラボ『地球の歩き方ムー』が予約開始! 初回限定版3大特典付き!<異色コラボ>

どちらも1979年創刊の「地球の歩き方」と「ムー」が双方のノウハウを結集! 超古代文明、オーパーツ、聖地、UFO、UMAなどのテーマで世界の不思議スポットを両者の視点から紹介する「新感覚ガイドブック」が登場する。 株式会社地球の歩き方より、書籍『地球の歩き方ムー』の発売が2022年2月10日(木)に決定。予約は2021年12月15日にスタートしており、初回限定版には「特製着せ替え帯」「読者プレゼント応募QRコード」「壁紙全員プレゼントQRコード」の3大特典が付く。 「出たら

スキ
26

イースター島のモアイ像はいかに造られたか?/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、南太平洋に浮かぶ小さな島を世界に知らしめた謎の巨石像を取りあげる。 文=羽仁 礼 絶海の孤島に残された謎めいた巨石像  モアイは、南太平洋にぽつりと浮かぶ孤島、イースター島に残る巨石像である。  その顔は細長く、狭い額、くぼんだ眼窩、長い耳と鼻といった特徴を持ち、唇が少しばかり突き出ている。  決して洗練されているとはいえない、二頭身の素朴なデザインであるが、物

スキ
17