マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

428
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#平成レトロ

平成UMAと「ファンシー絵みやげ」の世界/山下メロ・平成UMAみやげ

平成を彩ったファンシー絵みやげに出現したUMAやムー的なあれこれを紹介してきた本連載……いよいよ最終回! 日本各地のレイクモンスターを振り返り、本場・ネス湖の「みやげ」で一休みといたします! 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ 平成UMAみやげの世界・最終回 これまで日本各地で目撃されてきた平成のUMAみやげたち。  人面魚からツチノコ、河童、ヒバゴン、グレイなど、この連載では、全国のさまざまなお土産品を紹介してまいりました。  そんな平成UMAみやげの連載も、いよ

スキ
16

北海道のレイクモンスター「トッシー」「クッシー」を追う!/山下メロ・平成UMAみやげ

日本全国の湖を賑わせたネッシー型UMAをファンシー絵みやげで振り返るシリーズ、今回は北海道の「クッシー」と「トッシー」に迫る! 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ 日本の「〇ッシー」 日本では、一体どれだけのネッシーフォロワーが目撃されているのでしょうか。  ネス湖のネッシーに対し、本栖湖のモッシー、池田湖のイッシーなどなど。名誉なのかどうなのか、「〇ッシー」の数は、世界で一番かも知れません。それだけ日本はUMAと引き合う国民性なのでしょう。逆に言えば、UMAが日本

スキ
11

恐竜扱い!?「イッシーの卵」の衝撃/山下メロ・平成UMAみやげ

日本全国の湖を賑わせたネッシー型UMAのひとつ、「イッシー」の姿を平成みやげから読む! 前回に続いて、ファンシー化するみやげUMAの世界をご案内します。 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ 前回はこちら終わりなきイッシーのファンシー化 1970年ごろネス湖のネッシーが日本で人気となり、国内の湖で目撃された未確認生物が「湖の1文字目+ッシー」という法則に従った愛称で呼ばれるようになっていきました。  前回は南国のネッシーである鹿児島県指宿市・池田湖で目撃されたイッシーを

スキ
15

池田湖のイッシー”みやげ”から時代と正体を読み解く!?/山下メロ・平成UMAみやげ

日本全国の湖を賑わせたネッシー型UMAのひとつ、「イッシー」の姿を平成みやげから読む! 「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、平成を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ 和製ネッシー この連載では主にオカルト案件のレトログッズを紹介しているのですが、メインは平成に流行したUMAのファンシー絵みやげです。筆者が特にチカラを入れているファンシー絵みやげについては後述いたします。 ファンシー絵みやげ。  UMAの中でも有名なのは

スキ
13