ちょっとムーでも読んでいきなよ

382
火の玉/読者のミステリー体験

火の玉/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 火の玉三重県 匿名希望  中学生時代、放課後、友人たち4人と下校していたときのことです。すでに夕日は沈みかけていて、稲刈りのすんだ田んぼの中では子供たちがボールで遊んでいました。  そんなときでした。  友人のひとりが「火の玉だ‼」と、叫んだのです。  驚いて、友人の指差すほうを見ると、50メートルほど先にある山の麓にサッカーボールくらいの大

スキ
6