マガジンのカバー画像

ちょっとムーでも読んでいきなよ

550
ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、… もっと読む
運営しているクリエイター

#ゲーム

都市伝説の怪異を印と霊符で調伏『GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)』/藤川Q・ムー通

ゲーム雑誌「ファミ通」とのコラボで、ムー民にこそ遊んでいただきたいゲームをお届けする“ムー通”、おひさしぶりにウェブに登場。 今回取り上げる作品は、日本の都市伝説を存分に盛り込んだ話題作『GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)』だ! ※『週刊ファミ通』2022年4月7日号 『Ghostwire;Tokyo』発売記念特集掲載コラムより転載 文=藤川Q #ムー通 現代怪異を調伏せよ! 今回ご紹介する『GhostWire: Tokyo(ゴーストワイヤ

スキ
17

勇者と姫と魔王のトライアングル『ゼルダの伝説』/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 勇者リンクとゼルダ姫の遥かなる神話 11月12日に『ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説』が発売されました。『ゼルダの伝説』シリーズは、主人公のリンクがゼルダ姫を救うためフィールドや迷宮を探索するという内容。謎解きの楽しさと魅力的なキャラクターが繰り広げる物語が、長きにわたって支持されています。  今回の『ゲーム&ウオッ

スキ
87

秩序か混沌か? 悪魔と契約する終末的RPG『真・女神転生V』/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 『真・女神転生V』 神と悪魔の対立を語り続けるRPG 11月11日に、シリーズ久々となるナンバリング新作『真・女神転生V』が発売されます。ロウ(秩序)とカオス(混沌)、神と悪魔が対立するダークな世界観、敵の悪魔を仲間にし、合体して強化する背徳的なシステムが熱狂的に支持されているシリーズです。  今回の『V』は、主

スキ
112

未踏の惑星で待ち受ける絶望的な恐怖『メトロイド ドレッド』/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 『メトロイド ドレッド』 元祖2D探索アクションの新作 10月8日に探索アクション『メトロイド』の完全新作『メトロイド ドレッド』が発売されます。もともと『メトロイド』はファミコンのディスクシステムで1986年にリリースされ、自由度が高い探索要素とSF的世界観が人気となり、海外でも支持を集めました。  今回の『ド

スキ
118

怪事件を解く鍵は科学かオカルトか?『真 流行り神3』/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 『真 流行り神3』 オカルト色濃厚な怪事件 4人の刑事たちが「悪魔の人形」「両面宿儺」など都市伝説にまつわる事件を追う。  7月29日に都市伝説を題材にした人気ホラーアドベンチャーシリーズ最新作『真 流行り神3』が発売されました。今回もG県警「とくそう」に所属する女性刑事・北條紗希と同僚が、都市伝説を思わせる怪

スキ
136

『新すばらしきこのせかい』 サイキックな"死神のゲーム"@渋谷/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 尖ったアクションRPG、待望の新作 2021年7月27日にリリースされた『新すばらしきこのせかい』は、2007年にニンテンドーDS向けに発売されたアクションRPG『すばらしきこのせかい』の最新作。前作はリアルに再現された渋谷で、能力に目覚めた少年が「死神のゲーム」に巻き込まれ、生き残りを目指して7日間を戦うという内容

スキ
182

『Caligula2』呪縛の歌が響く偽りの学園世界/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 『Caligula2』 心の闇が共鳴する異色の学園RPG 6月24日にリリースされた『Caligula2』は、2016年発売の学園ジュブナイルRPG『Caligula -カリギュラ-』の続編。前作は、自我が芽生えたバーチャルアイドル「μ(ミュウ)」が生み出した学園の仮想世界「メビウス」に閉じ込められた少年少女が脱出

スキ
145

祝!『Fallout 76』WASTELANDERSアップデート 荒廃世界のウェストバージニアでフラットウッズモンスターの正体を追う!/藤川Q・月刊ムー通

ファミ通の怪人編集者・藤川Qがムー的なゲームを紹介。 前回に続いてオンラインRPG『Fallout 76』を題材に、ご当地エイリアンとして人気のフラットウッズ・モンスターとの接触を報告する! 文=藤川Q 核戦争後の世界でフラットウッズ・モンスターと遭遇 これまたムー民の皆様になら説明を要することもないであろう、日本では”3メートルの宇宙人”として知られているフラットウッズ・モンスター(関連記事)。1952年、アメリカはウェストバージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町

スキ
14

公開記事●世紀末モスマン遭遇伝説『Fallout 76』の巻/藤川Q・月刊ムー通

ムー民の皆様にファミ通の怪人編集者こと藤川Qがムー的なゲームを紹介する本コーナー。 今回取り上げる作品は、ゲーム史上、最も濃厚なモスマンとの遭遇体験が楽しめるオンラインRPG『Fallout 76』。 核戦争後の世界にモスマン ムー民の皆様になら、もはや説明を要することもないであろうモスマンの怪。巨大な眼を発行させる蛾のような姿の正体不明の生物で、予言を行うともいわれている謎の存在だが、『Fallout 76』では、もはや本作におけるひとつのアイコンかのように描かれており、

スキ
16

公開記事●『ムシカゴ オルタナティブマーチ』の巻 SCP風味近未来SF小説のススメ/藤川Q・月刊ムー通

ムー民の皆様にファミ通の怪人編集者こと藤川Qがムー的なゲームを紹介する本コーナー。今回取り上げる作品は、世紀末世界で調査員のお世話係となるという奇想が活きるスマートフォン用アドベンチャー作品『ムシカゴ オルタナティブマーチ』。 文=藤川Q ムシカゴ オルタナティブマーチ 本作は、フロイト心理学や文学作品をモチーフとした静謐なるアドベンチャー『ALTER EGO』で人気を博しているスタジオ、カラメルカラムの最新作となる作品だ。  舞台は"街獣"と呼ばれる正体不明の生命体が

スキ
9

政府も社長もオカルト頼み…? えいたそ天然強運の回想と、今週のムーPLUS編集雑記

「ムーPLUSの中の人」による編集制作雑記、このまま毎週更新になるのかどうか。そもそもだれが読んでいるのか不安になりますが、今週も新企画が始まっています。トップ画は「いらすとや」さんにしてみました。  シリーズ企画「経営者とオカルト」は、経営コンサルタントの顔ももつ超能力者・秋山眞人さんからスタート。よくある「社長とか政治家にはお抱えの占い師がいて……」についての証言集……になるでしょう(他人事のように)。楽しみです。  某所で経営者さんの集まりに顔を出したことがあるので

スキ
20

アニメ情報 ゲーム機を象徴する女神が遊ぶ! アニメ神楽「守護女神のなつやすみ」をムー的鑑賞

ごく普通の夏休みのように、山で遊ぶ少女たち。女神として信仰を集め、巫女として神に成り代わる、彼女たちの日常が意味するものとは――? 文=松雪治彦 彼女たちは何者なのか? ここに一本のアニメ作品がある。事前情報をいっさいなく見れば、なにを思うだろうか。 OVA「超次元ゲイム ネプテューヌ ~ねぷのなつやすみ~」ブルーレイ〈完全初回限定生産〉。2020年12月25日発売。  そこでは、色とりどりの衣装をまとった少女たちが連れ立ち、野山に出かけて遊んでいる。彼女らは川辺でバ

スキ
6