ちょっとムーでも読んでいきなよ

261
公開記事●ノストラダムス徹底取材を敢行! 1999年7の月の”恐怖の大王”/「ムー」クロニクル

公開記事●ノストラダムス徹底取材を敢行! 1999年7の月の”恐怖の大王”/「ムー」クロニクル

1999年に、世界が滅亡することを告げた「ノストラダムスの大予言」――。 それは「ムー」にとっても創刊以来、絶対に欠かせない大きなテーマだったのだ。 文=編集部N 名著『ノストラダムスの大予言』  五島勉氏の著作『ノストラダムスの大予言』が出版されたのは1973年のこと。以後、日本列島は「1999年世界滅亡の呪縛」とでもいうべき空気に覆おおわれた。1979年に創刊された本誌「ムー」にとっても、当然ながらそれは、避けては通れない大きなテーマとなった。  ノストラダムスの名

9
特別公開中●三保の松原で「海坊主」を捕獲!/山下メロ・平成UMAみやげ

特別公開中●三保の松原で「海坊主」を捕獲!/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。 今回は、静岡県・三保「海坊主」を追いかけます。三保で海坊主をチョイスするご当地、すごい。 文・写真=山下メロ 三保の海坊主  以前に海洋UMAとして宮崎県の人魚ファンシー絵みやげをご紹介しましたが、海洋UMAで忘れてはならないのが海坊主です。海外の海洋UMAであるシーサーペントと同一視されるこ

11
実践中の #ムー開運 と #私の不思議体験 ・未遂の思い出/ムーPLUS編集雑記

実践中の #ムー開運 と #私の不思議体験 ・未遂の思い出/ムーPLUS編集雑記

 ムーPLUSの中の人が、今週の記事まとめなどをしつつ「生きた人間が運営している」ことを示すコーナーです。 巨人から宇宙まで 「古代のアフリカに巨人がいた」話と「星間航行する未来の宇宙船」の話が連日アップされて、さすがムー、岩鬼正美のような打撃ぶりですね。五輪関連の「聖火リレーでなく聖矛継走」記事も仕込んでいます。  タイ在住の筆者さんによるレポートと、洞窟王・吉田勝次さんも登場です。 開運しようそうしよう  ところでみなさん、雨宮零先生が案内する「 #ムー開運 」

15