ムーPLUS

スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。

すべて見る
  • ¥900 / 月

ムー2022年6月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。 今月は総力特集になっている「うつろ舟の蛮女」を私なりの解釈で描いてみました。 蛮女は「肌が白く、赤い毛髪、錦のような金の筋が入った織物の服を着て、60cm四方の箱を抱えていた」と言ったような記述があり、現在の茨城県の濱で発見された時に、地元の古老が「外国の王の娘で、箱の中はおそらく密通した男の首だろう」と話していたそうです。 うつろ舟に書かれていた記号は、浦賀に来航した

スキ
18

<重要なお知らせ>新ウェブサイト「ムー・ウェブ」と今後の「ムーPLUS」更新について

「ムーPLUS」の中の人です。 2022年の年始、「ムー」の創刊500号記念について、本当にさらっとお知らせしました。 さらに先日、2022年7月9日の「501号の発売日」に実施するオンラインイベント「ムー民感謝祭」についてもお知らせしました。 「ムー500号」記念に関連して、もうひとつ、大きなお知らせがあります。 ここ、noteでの「ムーPLUS」を拠点に、ムー公式情報や超常現象ニュースを発信してきましたが、「500号」の節目に、新しいムーのウェブサイトを開設すること

スキ
22

北朝鮮が極秘裏に行う「スーパーソルジャー計画」/宇佐和通・ヒストリーチャンネル

文=宇佐和通 協力=ヒストリーチャンネル ジャーナリストのトニー・ハリスがミステリー事件を再調査し、真偽を判定する「ザ・未確認スペシャル」を本誌視点で解説! 今回はまことしやかにささやかれる、北朝鮮の「スーパーソルジャー計画」の実像に迫る 映像に映り込んだ巨人兵士 事実と虚実の境界線を行き来しながら、さまざまな事象に関する可能性を見せてくれるジャーナリスト、トニー・ハリス。彼がホストを務める『THE PROOF IS OUT THERE: ザ・未確認スペシャル 証拠はそこ

スキ
11

軍事も気象も大荒れの予感/LOVE ME DOのミラクル大予言

ヨーロッパで軍事的な動きが!?世界的な悪天候と不作の暗示も1月号でお伝えしましたが、2022年に注目すべき数字は5と9。このふたつがそろう5月9日前後は、星の動きも活発です。9日は上弦の月、10日水星が逆行を開始、そして11日には木星が魚座から牡羊座へ。この影響を受けて9〜13日は、社会的な変化や通信機器のトラブルが発生しやすいでしょう。  著名人の結婚・離婚・熱愛が報道されそうな気配もありますが、地震や噴火、北朝鮮のミサイルなどにも注意すべきです。

スキ
15
有料
200

ちょっとムーでも読んでいきなよ

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*

すべて見る
  • 510本

地球外生命体の専門家が「ウクライナで”古代の宇宙聖櫃”が発見され、稼働した」と主張!/宇佐和通・Mu Paranormal Headline

現在世界が注視するウクライナに関して、独自の視点から切り込んだこんな一文をpickup! ◉Text =Watsu USA ◉Art=Maco Ishihara 宇宙のアークがウクライナ南部に!? 執筆時点(2022年3月末)で1か月以上が経過しているロシアのウクラ イナ侵攻。ここでは、主流派マスコミとまったく異なる視点で切り込んだインパクトのある見出しの記事を紹介したい。  ウクライナ南部のヘルソンという都市の近郊に埋まっている" 古代の宇宙聖櫃" が発見され、掘り出

スキ
19

ムー2022年6月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。 今月は総力特集になっている「うつろ舟の蛮女」を私なりの解釈で描いてみました。 蛮女は「肌が白く、赤い毛髪、錦のような金の筋が入った織物の服を着て、60cm四方の箱を抱えていた」と言ったような記述があり、現在の茨城県の濱で発見された時に、地元の古老が「外国の王の娘で、箱の中はおそらく密通した男の首だろう」と話していたそうです。 うつろ舟に書かれていた記号は、浦賀に来航した

スキ
18

<重要なお知らせ>新ウェブサイト「ムー・ウェブ」と今後の「ムーPLUS」更新について

「ムーPLUS」の中の人です。 2022年の年始、「ムー」の創刊500号記念について、本当にさらっとお知らせしました。 さらに先日、2022年7月9日の「501号の発売日」に実施するオンラインイベント「ムー民感謝祭」についてもお知らせしました。 「ムー500号」記念に関連して、もうひとつ、大きなお知らせがあります。 ここ、noteでの「ムーPLUS」を拠点に、ムー公式情報や超常現象ニュースを発信してきましたが、「500号」の節目に、新しいムーのウェブサイトを開設すること

スキ
22

北朝鮮が極秘裏に行う「スーパーソルジャー計画」/宇佐和通・ヒストリーチャンネル

文=宇佐和通 協力=ヒストリーチャンネル ジャーナリストのトニー・ハリスがミステリー事件を再調査し、真偽を判定する「ザ・未確認スペシャル」を本誌視点で解説! 今回はまことしやかにささやかれる、北朝鮮の「スーパーソルジャー計画」の実像に迫る 映像に映り込んだ巨人兵士 事実と虚実の境界線を行き来しながら、さまざまな事象に関する可能性を見せてくれるジャーナリスト、トニー・ハリス。彼がホストを務める『THE PROOF IS OUT THERE: ザ・未確認スペシャル 証拠はそこ

スキ
11

お知らせ ムー民広場

コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。

すべて見る
  • 180本

<重要なお知らせ>新ウェブサイト「ムー・ウェブ」と今後の「ムーPLUS」更新について

「ムーPLUS」の中の人です。 2022年の年始、「ムー」の創刊500号記念について、本当にさらっとお知らせしました。 さらに先日、2022年7月9日の「501号の発売日」に実施するオンラインイベント「ムー民感謝祭」についてもお知らせしました。 「ムー500号」記念に関連して、もうひとつ、大きなお知らせがあります。 ここ、noteでの「ムーPLUS」を拠点に、ムー公式情報や超常現象ニュースを発信してきましたが、「500号」の節目に、新しいムーのウェブサイトを開設すること

スキ
22

<新刊>ムー2022年6月号のお知らせ

ムー 2022年6月号、5月9日発売です!  全国の書店、ネット書店でお求めください。

スキ
9

<お知らせ>アウトドアUMAグッズ誕生! ストリー”ムー”トレイル「河童捕獲キット」6月1日より販売開始

釣り用品やアウトドアグッズでおなじみも「ストリームトレイル」と「ムー」がコラボ! どんなグッズが誕生したかといえば、それは「河童捕獲キット」である。 ボトルホルダー=キュウリを携帯 スクエア型に折りたたむことができるボトルホルダーです。バッグのベルトやDカンなどに装着でき、ボトルホルダーとして使用しない時はコンパクトに持ち歩けます。一般的な形の600mlペットボトルまで装着可能です。 リュック=小さめの河童をまるごと捕獲 DRY TANK D2 25Lは普段使いはもちろん

スキ
24

創刊500号記念・500分生配信!!!!!「ムー民感謝祭」オンライン開催<2022.7.9>

1979年11月号に始まり、2022年7月号で「500号」を迎える「ムー」。 年始に「なにかやる」とだけ匂わせていた「なにか」についてのお知らせです。 500分生配信! 読者、制作関係者、宇宙、地底、全方位に感謝を伝える創刊500号記念イベント「ムー民感謝祭」を実施します。 「いろいろコーナーやると90分は短い。2~3時間はかかるよね」 「500号だから5時間とか」 「じゃあ500分でしょう」 「500号に至った現在の関係性を詰め込むと……」 という構想が現実に。 読

スキ
39

ミステリー事典 ムーペディア

ムー本誌でも頻出のUFO事件やUMA、超古代文明、超常現象についての基礎知識、さらに秘教シンボルやパワーストーンの解説をお届けします。本誌や関連書籍、ムーCLUBを読む際のガイドとしてお楽しみください。

すべて見る
  • 85本

念写能力者テッド・セリオスの基礎知識/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、数々の念写実験を成功させ、その優れた能力ゆえにトリックの使用も疑われたアメリカの念写能力者を取りあげる。 文=羽仁礼 想念の力だけで画像を写しだす超能力「念写」とは、人間の想念の力により、フィルムや乾板の上に画像が写しだされる現象である。  能力者が念写を行う際には、カメラを使う場合もあれば、乾板やフィルムに直接念を送る場合もある。精神が感光物質に影響するという

スキ
11

フェニックスライト事件の謎/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、アメリカ・アリゾナ州フェニックスを中心に、数万人もの人々が謎の光体を目撃したというUFO事件を取りあげる。 文=羽仁礼 アリゾナ州の夜空で数万人が怪光を目撃!!  1997年3月13日、アメリカで大規模なUFO事件が発生した。この日、アメリカの山地標準時間(MST)午後7時30分から10時30分の間、ネバダ州からアリゾナ州にかけての広範な地域で、大勢の人が夜空に

スキ
12

「黙示録の獣」を自称した20世紀最大の魔術師アレイスター・クロウリー/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、独自の魔術体系を編みだし、20世紀初頭の世界に一大センセーションを巻き起こした稀代の魔術師を取りあげる。 文=羽仁礼 近代魔術界の傑物として英国史上に名を残した男 2002年、イギリスの公共放送BBCは、「100人の偉大なイギリス人」という番組を放映した。製作にあたっては世論調査を行い、現代までの英国史上傑出した人物100人を選んでランキングをつけた。このとき73

スキ
20

1万2000前から存在した!? 大スフィンクス像の謎/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、ギザの大ピラミッドと並び、古代エジプト文明をめぐるミステリーの代名詞的な存在である巨大な彫像を取りあげる。 文=羽仁 礼 古代エジプト王朝を見守りつづけた巨大な像 ギリシア神話においてスフィンクスは、上半身が美女で下半身がヘビである怪物エキドナが、自らの子であるオルトロスと交わって生まれたとされる。その姿は、ライオンの身体に人間の女性の顔と翼を持って描かれる。

スキ
19

note民のムー

note内のムーについての感想、思い出、噂なんかをエゴサしてまとめ、ムーが承認欲求を満たすマガジンです。 #ムー #月刊ムー #ムー民 など。

すべて見る
  • 145本

お母さん!戦争がはじまったよ!

ロシアがウクライナに侵攻してすぐ、息子は帰ってくるなり私にこう言った、 「お母さん!戦争がはじまったよ!!」 私は応えた、 「そうだね、知ってる、とりあえず手を洗ってうがいをしてきて」 オーケンさんのムー+連載の第2回、賢二くんに、賢二くんのお母さんが伝えたのと同じように、そこには日常を続けようとした私がいた。 何はともあれ、新型コロナウイルスの脅威も過ぎ去っておらず、 戦争の脅威<新型コロナウイルスの脅威 を、取去る為の日常だ。母親、父親、保護者は、子供に日常を

スキ
1

『ムー公式 実践・超日常英会話』の紹介

 『ムー』という、学研から出ている、約40年にわたって超常現象を扱った記事を掲載している雑誌がある。  手に取ったことや読んだことのある人がおられるかもしれない。  ここが、『ムー公式 実践・超日常英会話』を2017年に出版した。  タイトルから何となく想像がつくかもしれない。  超常現象に遭遇した時や遭遇したい時に、その体験・状況を英語で言うにはどうしたいいかに応えた、「実践的」な本である。  楽しいイラスト付きだ。その一部は、リンクしたアマゾンのページで見ること

スキ
8

『ムー 2022年1月号 日本を動かしてきた「呪術」の謎』読了

今呪術というからには、「呪術廻戦」にでもスポットを当てて両面宿儺辺りを掘り下げたりしてるのかな、と勘繰りつつ読んでみたら、普通に空海とか元寇とか家康とか大元帥法といったごく一般的な(?)内容だった。 最新の宇宙物理学を採り入れた硬派なダークエネルギー論もある一方、「あんたはんは、シリウスの宇宙艦隊の司令官やった人やで」と神社の巫女の婆さんに言われたり、とある主婦が指摘した地球のプレートと頭蓋骨の類似性から、出口王仁三郎やらパルメニデス(!)やらシュタイナーに話が飛躍したり、

スキ
3

ムー/異世界の歩き方-パラレルワールド-

お読みいただきありがとうございます。E AND I CREATIONSの遠藤です。 ハンドメイドで実用的なものを作る個人事業主です。noteではハンドメイドの話がまだ出ていません。 雑誌【ムー】 本日本屋に行ったら出会ってしまいました。【地球の歩き方】とコラボした【ムー/異世界の歩き方-パラレルワールド-】と出会ってしまいました。 フラーっとフラーっと本屋に寄ったら、宇宙人と目が合いました。 本日は2022年2月17日。発行日にもこだわりがみえます🧐 昭和のオカルト

スキ
5