ロシアのウクライナ侵攻はイルミナティカードに予言されていた?/嵩夜ゆう
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

ロシアのウクライナ侵攻はイルミナティカードに予言されていた?/嵩夜ゆう

ムーPLUS

ロシアによるウクライナ侵攻が、予言されていた! 
しかも、次の攻撃目標まで――!
はたしてそれは、核ミサイルによる世界大戦となるのか? それとも――?

◉緊急予告レポート
◉文=嵩夜ゆう

核戦争やアメリカへの宣戦布告については?

 2022年2月24日、ロシアがウクライナへの侵攻を開始した。当初は演習と伝えられ、次にドネツク、ルガンスクのロシア系住民を保護するための侵攻である、とロシアは主張したが、状況は日を追うごとに悪化の一途をたどっている。

ロシアによるミサイル攻撃で破壊されたマウリポリの街と、銃を持つ兵士。はたしてこの戦いは、第3次世界大戦へとつながってしまうのか(写真=AP/アフロ)。

 本稿を執筆している3月中旬の時点では、首都キエフの陥落かんらくも近いとされ、さらに複数の都市や原子力発電所までロシア軍によって制圧されている。
 とても21世紀とは思えないような出来事であり、なおも状況は悪い方向へ進行中である。

 一部メディアでは、ロシアのプーチン大統領は、すでに精神的にロジカルな判断ができない状態だとも伝えられているわけだが、軍事侵攻という側面から見れば、当初の目的を過少に敵国に理解させ、そのあとで同盟国であるベラルーシ側から5万人規模の軍隊を送りこんでチェルノブイリ原発を確保。さらに航空戦略によってロケット関係施設はもちろん、すべての滑走路と平坦な道路を空爆している。この戦術は、正気を失った人間の立案とは思えない。

イルミナティカードの予言

この続きをみるには

この続き: 1,237文字 / 画像4枚
記事を購入する

ロシアのウクライナ侵攻はイルミナティカードに予言されていた?/嵩夜ゆう

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。