怪談「コトリバコ」とコインロッカーベイビーズ/吉田悠軌・オカルト探偵
見出し画像

怪談「コトリバコ」とコインロッカーベイビーズ/吉田悠軌・オカルト探偵

オカルト探偵も協力した映画『樹海村』が公開中だ。この映画の重要なキーとして登場するのが、ネット怪談の金字塔たる呪具・コトリバコ。奇しくも同じ年に産声をあげたネット発の恐怖「樹海村」と「コトリバコ」が時を経て今、合体した意味とは――?

文=吉田悠軌 #オカルト探偵

画像1

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回は『樹海村』清水崇監督との取材での一枚!

最後の秘境と最恐の呪具「コトリバコ」

 映画『樹海村』(東映、清水崇監督)が絶賛公開中だ。エンドロールを見た人なら気づいたかもしれないが、私・吉田も「取材協力」に関わった作品である。関係者の端くれとしてはまず映画本編をご覧いただきたいし、内容についていっさい触れることができない。とはいえ「樹海村」「コトリバコ」というふたつのネット怪談が重要なモチーフとなっていることは、予告映像でも流れていることなので、ネタバレにはならないだろう。

『樹海村』メインカット

『樹海村』ポスタービジュアル

映画『樹海村』。舞台は現代の禁足地、富士の樹海に存在すると噂される幻の「樹海村」。禁断の呪具"コトリバコ"の呪いに翻弄されることになったふたりの姉妹、響と鳴は、引き寄せられるようにその森に分け入っていく……。昨年2月、緊急事態宣言下にもかかわらずれることになったふたりの姉妹、響と鳴は、引き寄せられるようにその森に分け入ってい……。昨年2月、緊急事態宣言下にもかかわらず110万人動員を果たした『犬鳴村』に続く、清水崇監督"恐怖の村"シリーズの第2弾。図らずも公開は再びの緊急事態宣言期間中となることに(全国公開中/配給:東映/©2021年「樹海村」製作委員会)。https://jukaimura-movie.jp/

 まずは樹海村伝説について。青木ヶ原樹海の奥深く、隠された「謎の集落」が存在するという噂だが、本連載や映画『樹海村』公式パンフレットなどでたびたび私見を述べているため、詳細は割愛する。
 ここでは「樹海村」という都市伝説の誕生が、おそらく2005年であることだけを強調しておきたい。この2005年というタイミングが重要なのだ。
 同年4月には『樹海の歩き方』(栗原亨、イースト・プレス)が刊行され、青木ヶ原樹海が「最後の秘境」(同書の宣伝文句)として注目を集めていた。これと同じ年に、Googleマップのサービスが開始されたことも見逃せない。
 インターネットの普及は「杉沢村」「犬鳴村」といった「謎の集落」にまつわる怪談を日本全国に広めた。しかしその息の根を止めたのもまた、ネットの発展だったのだ。
 青森県の片隅に「杉沢村」が、福岡県の峠道に「犬鳴村」が実在するのではないか、日本のどこかにまだ「謎の集落」があるのではないか……というロマンは、航空・衛星写真まで簡単に閲覧できるGoogleマップの登場により、まったくリアリティを失ってしまったのである。
 しかし怪談とは、時代に沿って姿形を変えるものだ。Googleマップの登場は逆説的に、深き森に覆われた青木ヶ原樹海ならば、航空・衛星空写真では見えない秘密があるかもしれない……との空想をもたらした。ここから「最後の秘境」に佇むとされる樹海村伝説が流布したのだろう、と私は推察している。

この続きをみるには

この続き: 3,737文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。