見出し画像

日本と台湾の巨怪建築ーー軍艦マンションを生んだ奇想建築のルーツ/吉田悠軌・オカルト探偵

どんなプロフェッショナルの世界でも、「鬼才」「異端」を冠される者はごくわずか。 今回、そんな「鬼才」建築家を追う探偵の前に現れたのは、大地にそびえる「軍艦」だった…?
(ムー2018年6月号掲載)

シリーズ記事は「#オカルト探偵 」にて。

文・写真=吉田悠軌

プロフィール候補

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。写真は善導寺屋上の物見台から、糸魚川市を一望中の一枚。

「軍艦みたいなお寺」のルーツ

「異端の建築家 渡邊洋治さんを調べていただきたいです」
 読者から寄せられたオカルト探偵への依頼は、シンプルかつ具体的なものだった。しかしムー編集部から転送されたメールに、私は少なからぬ奇遇を感じた。なにしろ私がオカルト探偵事務所を構えている裏新宿(歌舞伎町の裏側)の、すぐ近所に渡邊洋治の建築がそびえているからだ。それは軍艦が縦に伸びたような鉄筋コンクリートのビルで、通称もずばり「軍艦マンション」。渡邊の代表作とされるこの建物の前を、私はほぼ毎日通りすぎている。
 裏新宿のごみごみした風景のせいであまり目立たないのだが、あらためて観察すれば確かに奇怪な造形である。港町・直江津(なおえつ)に生まれ、戦時中には船舶兵だった経歴によるものだろうか、こうした無骨な鉄の船を想わせるモチーフが渡邊作品の特徴だ。

画像2

吉田オカルト探偵事務所のすぐ近くにある、渡邊洋治の代表作「軍艦マンション」。正式名は「第3スカイビル」だったが、2011年のリノベーションにより「GUNKAN東新宿ビル」に改名。同連作である第5スカイビルもまた、ゴジラのような奇怪な外観だった(現存せず)。

 処女作には作家の全要素が詰まっているというが、そんな渡邊のデビュー作はなんと寺院であるらしい。変わった宗教建築は数多いものの、「軍艦」のような「お寺」など、どうやってもイメージすることができない。ともあれ現物を目の当たりにしなければと、私はその寺がある新潟県糸魚川市へ足を運んでみた。

 いったいどんな建物が待っているのか……。北陸新幹線の車中で思い出していたのは、これまでの取材で出会ったオカルト的ともいえる建築群だった。

台湾の怪怪屋「葉山楼」

 台湾では幽霊屋敷のことを鬼屋(グイウー)と呼ぶが、桃園市龍譚にある巨大建築は、地元の若者から怪怪屋と呼ばれ無気味がられている。とはいえ立地は怖くもなんとない、大きな交差点のど真ん中。行きかう車を見下ろすコンクリートの塊には、色とりどりの看板広告が掲げられている。これぞ台湾を代表する怪怪屋の「葉山楼(イーシャンロウ)」だ。しかしここは鬼屋でも廃墟でもない、れっきとした住宅である。

画像3

台湾・桃園市にある葉山楼(イーシャンロウ)。鉄筋とコンクリートを好き勝手に組み合わせた現代の迷宮城だ。外付けの広告板が風情を壊しているようにも見えるが、葉先生によれば「あれは鳥の糞よけです。ゆくゆくは防止ネットを張って、広告はとりはらうつもりです」とのこと。

この続きをみるには

この続き: 2,555文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ウェブマガジン「ムーCLUB」7月配信分のまとめです。

ウェブマガジン「ムーCLUB」7月配信分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
15
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。