見出し画像

スリランカの”エイリアン・マウンテン”で発見されたバインドルーンの謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、スリランカのUFOスポット”エイリアン・マウンテン”で発見されたルーン文字について。古代に宇宙とつながりをもっていた文明の痕跡なのか…?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

失われた天文学進法と謎のルーン

 スリランカ・ポロンナルワ地区の聖地「ダニガラ山(Mount Danigala)」で、推定紀元前4500-5000年前のものと思われるペトログリフが発見された。
 発見されたのは長さ7.5m、高さ5m程の洞窟の中。そこには動物や植物、武器を持つ人々の姿などの他に、「バインドルーン(バインディングルーン)」と呼ばれる、古代ルーンを組み合わせたシンボルがびっしりと壁一面に描かれていたのだ。

 発見した南アジア宇宙生物学・地球科学研究チームによると、これらはスリランカ史上、最も古いペトログリフである可能性が非常に高いという。それだけでも当時の民族文化を解明する貴重な発見であることは間違いない。だが、彼らの解析の結果、発見されたバインドルーンのいくつかが『a lost astronomical counting system(失われた天文学進法)』を示す古代の天文コードである可能性があると発表されたのだ。

この続きをみるには

この続き: 835文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
7
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。