川を渡るビッグフット映像! パターソンフィルムを想起させる動画で生態が判明/並木伸一郎
見出し画像

川を渡るビッグフット映像! パターソンフィルムを想起させる動画で生態が判明/並木伸一郎

今年の7月、カナダのビッグフット研究チームが川を渡るビッグフットの映像を公開した。映像を見た筆者はある共通点を発見。かのパターソンフィルムの個体と同様に、メスである可能性が浮上したのである。

文=並木伸一郎

カナダで撮影されたビッグフット映像

画像1

森の中へ消えていくビッグフット。このとき胸部が揺れていることが確認できる。

 カナダのミシガン州でビッグフットの映像が撮影された。公開したのは「ロッキー・マウンテン・サスカッチ・オーガニゼーション(RMSO)」という地元の調査組織で、名称にあるサスカッチとは、カナダにおけるビッグフットの呼び名である。
 情報によると、事件が起こったのは2021年7月。エディ・Vなる人物がカヤックで川下りを楽しんでいる従兄弟の姿を動画撮影していたところ、突如、得体の知れない怪物が出現。とっさにカメラのレンズを向けたという。
 実際の動画を見ると、謎の動物は全身、赤茶色の毛に覆われており、明らかに二足歩行をしている。ゴリラのような容貌から考えられるのは獣人UMA、ビッグフットしかない。

 筋骨隆々としたがたいのいいビッグフットは前方左手から現れ、川の中を歩きながら対岸へと進んでいく。よく見ると何かを抱えている。色からして動物のようだ。

この続きをみるには

この続き: 1,216文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。