見出し画像

長州の生神様と呼ばれた神霊治療者・松下松蔵/不二龍彦・日本神人伝

問診もなく、じっと患者を見て「よか」というだけで容体が一変する──。
目の前で繰り広げられる光景は、まさに常識では信じられない、奇跡と呼ぶべきものだった。そんな奇跡を日常的に事もなげに起こしていた人物がかつて日本にいた。その人物こそ、「長洲の生神様」こと松下松蔵であった──。

文=不二龍彦

信じられない「奇跡」が日常化していた

 病気治しで知られた能力者はいくらもいるが、松下松蔵を超える人を、筆者は知らない。まずは証言者の体験談から書いていこう。

 大正15年に東大医学部を卒業し、朝鮮京城の京城帝国大学助教授などを経て、東京で内科医院を開業した医学博士の塩谷信男は、昭和6年、「婦人倶楽部」の取材を受けた際、記者から熊本に生神様のような病気治しの達人がいると聞かされ、興味を抱いた。
 松蔵に治してもらった人は、東京にも何人もいるという。そこでそれらの人々を紹介してもらい、話を聞いてまわった。彼らの体験談は驚くべきものだった。
 事実かどうか確かめずにはいられなくなった塩谷は、さっそく病院を休診にし、松蔵の住む熊本県長洲町に出かけたのである。

画像2

塩谷信男が松蔵と出会うきっかけとなった「婦人倶楽部」の記事。当時、塩谷は西洋医学と心霊医療の一種である手のひら療法の併用を研究・実践していた。松蔵は塩谷の心霊治療能力を高く評価し、自分の力を譲るといって能力を授けたが、塩谷は、松蔵の力には到底かなわなかったと率直に述懐している。

 着いた先の百姓家の座敷には、多数の患者が詰めかけていた。その場で待っていると、2階から「白髪頭で白い着物、白い袴をはいたじいさん」が下りてきた。それが松蔵だった。
 松蔵の「御手数(おてかず)」(霊的な治療はこう呼ばれた)を、塩谷はじっと観察した。
 治療は、あまりにもあっけなかった。問診も何もない。患者を見て「よか」といえばおしまいになる。松蔵が、じかに病人に触れることもない。たったこれだけのことで、病人の様子が一変し、次々と癒やされていくのである。
 松蔵の勧めにより、塩谷は泊まりこみで神霊治療の「勉強」をすることになった。まず塩谷が事前に患者の診断をし、その後に松蔵が患者を見た。塩谷は、自身の診断について松蔵には何もいわない。松蔵がどう見立てて治療するのかを観察する。そのときの様子を、塩谷はこう述懐している。

「(松蔵は)私の見つけないことまで(瞬時に)見つけるんですね。『この人な、右の肋膜に水がたまってるがな』、こう言うんです。私が診断して水がたまっていますこと分かっています。『なんぼたまってるか、分かんなはるか』『そんなこと分かりません』『3合2勺(約577㎗)』、こう言うんです。『今な、この水とるがな』『ククー、ククー、水なか』、こう言うんです。聴診器当ててみますとね、ないんです。とれてるんです。『この人、熱あるがな』……
『8度2分』だと言うんです。検温器当ててみると8度2分ちゃんとあるんです。それでね、『熱とれたがな』、計ってみると熱は下がっているのです。
……松葉杖をついて来た人は帰りには杖はいらなくなる。おんぶしてもらって来た人は帰りには一人で歩いて帰る」

 病気治しのほかにも、塩谷は松蔵がいとも簡単にAとBの人格や記憶を入れ替えたり(松蔵はこれを「魂の入れ換え」と呼んだ)、思考能力を奪っては戻すなどの「実験」を見せられた(「心霊雑話」)。

画像1

松下松蔵。信者は松蔵を生神様、祖神(おやがみ)様と崇めたが、松蔵自身は常に「私は神様ではない」といい、「人間と神様の間を取り次ぐ通訳官」「神の番頭」と自称していた。

この続きをみるには

この続き: 6,647文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
15
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。