古代言語で記された神への呪詛! 修道女に憑依した「悪魔の手紙」を解読/遠野そら
見出し画像

古代言語で記された神への呪詛! 修道女に憑依した「悪魔の手紙」を解読/遠野そら

17世紀イタリアでのこと、とある修道院で悪魔憑き騒動が起こった。悪魔に体を奪われたシスターは、だれにも読めない奇妙な文字で一通の手紙をつづったという。3世紀ものあいだ謎だった「悪魔の手紙」が、最先端ソフトウェアの力で解読された! そこに記された内容とは? そして事件の真相は……?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

2000年前の古代言語で記された神への呪詛

 17世紀後半、イタリア・シチリア島の女子修道院で、悪魔憑き騒動が起きた。悪魔に憑依されたシスターが自動書記によって『デビルズ・レター( 悪魔の手紙)』を書かされたというのだ。

画像1

マリアが記した「悪魔の手紙」。解読の結果、複数の古代言語が組み合わされたものである可能性が浮上した( 画像= Q U E L L O -CHE-MI-PAREより)。

 そのシスターとはパルマ・ディ・モンテキアーロ女子修院のマリア・クロシフィッサ・デッラ・コンチェツィオーネである。
 15歳でシスターとなったマリアは、ここで神に仕えながらつつましく暮らしていたそうだ。
 だが、そんなマリアに変化が起きたのは、彼女が31歳のとき。温厚だったマリアが、些細なことで怒るようになり、ときには礼拝中に悲鳴をあげ失神するようになったのだ。当時の記録によると、マリアは悪魔の幻影に悩まされており、身に覚えのない言動や正気を失うことが増えたため、現代でいうパニック障害の治療を受けていたという。
 そして1676年8月11日の朝。修道院の小房で体中インクまみれになって倒れているマリアが、友人シスターによって発見される。そばには奇妙な文字が書かれた手紙が置いてあったが、マリアは「私の体にとり憑いた悪魔が書いたのよ……」と震えた声で繰り返し、自分がなぜここにいたのかもわからない状態だったという。
 約14行の手紙は意味不明な文字の羅列で、読めるのは「Ohim?(あぁ…)」という文字のみ。
 長いこと解読不能であったが、2017年、地元のルドゥム科学センターがダークウェブの暗号解読ソフトから、この「悪魔の手紙」の一部の解読に成功したのだ。約350年の時を経て解読された内容とは以下である。

この続きをみるには

この続き: 1,238文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。