見出し画像

松原照子×真田ナオキ 大世見者と演歌歌手をつなぐ前世の因縁とシンクロニシティ

2020年9月、ムー本誌連載「大世見」でおなじみの松原照子氏は、突如、若手演歌歌手・真田ナオキ氏の大ファンになったという。
松原氏は、そんな自分に驚くとともに、真田氏との間に不思議なご縁を感じているようだ。ふたりを結ぶ見えない絆とは、いったい何か。

文=井頭 史 写真=小澤正朗

画像1

同じブランドが好きなふたり。真さなだ田氏と同じパーカーを松原氏も持っている。

画像8

真田氏の最新シングル「本気で惚れた」(作詞・作曲=吉幾三/発売=テイチクエンタテインメント)。

前世でご縁があった? 現世ではぜひ応援したい

「予言者」として知られる松原照子氏は、昨年秋、若手演歌歌手・真田ナオキ氏の大ファンになった。そのきっかけは、松原氏がたまたまテレビをつけたとき、立てつづけに2回、真田氏の姿が映ったことだったという。以来、なぜか猛烈に惹かれ、身近な人たちが呆れるほど何度も歌を聞き、真田氏の話ばかりをしている。ブログ「幸福への近道」でも真田氏のファンであることを公言し、ミュージックビデオにリンクを張るという熱の入れようだ。
 そして昨年暮れ、真田氏は第62回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。全力で応援していた松原氏は、受賞の模様をテレビで見て、嬉しさのあまり「ボロ泣きした」。
「もしかしたら、私が前世で助けようとしても助けられたなかった人で、だから今度こそ応援しなくては、と思っているのかもしれない」
 ふとした会話の中で、松原氏がそんな思いを口にしたこともある。
 だれかのファンになったことなど、ついぞなかったという松原氏をそこまで魅了する真田氏とは、どんな人物なのか。そして、ふたりの間には、松原氏がいうように、見えない絆が存在するのか?
 その謎に迫るべく、4月某日、都内で対談の場を設けた。

この続きをみるには

この続き: 3,361文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。