武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?/遠野そら
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?/遠野そら

新型コロナウイルスによるパンデミックは2019年末から世界を一変させて
しまったが、今、ある小説が話題となっている。ディーン・クーンツによる1981年の作品だが、「中国・武漢の研究所から殺人ウイルスが持ち出される」という設定なのだ。はたしてこれは予言だったのか?
フィクションが現実化していく、恐怖の2020年を読む。

文=遠野そら

ウイルス禍を予言していた『闇の眼』

 いまだ終息の気配が見えない新型コロナウイルス。それは中国・武漢の水産市場から瞬く間に世界中へ広がり、最近ではヒトの細胞内で増殖しながら変異しているという経路が有力視されている。

 世界中でワクチンや治療薬の開発が急がれている中、コロナウイルスの発生源をめぐりアメリカと中国の熾烈な舌戦は加速する一方だ。アメリカ・トランプ大統領は「コロナウイルスは『武漢ウイルス研究所』から発生した」として中国に対し痛烈な批判を繰り返している。だが中国側も黙ってはいない。「コロナウイルスは米軍が中国・武漢に持ち込んだものだ」として、逆に中国は被害者であると反論したのだ。さらに中国国営テレビでは「コロナウイルスはアメリカが開発した生物兵器である」といった内容のニュースまで報じ、世はまさに”米中コロナ冷戦状態”となっているのだ。

 米中コロナ冷戦がヒートアップしている中、まるでコロナウイルスの出現を予言していたかのような小説が注目を集めている。それはアメリカの人気作家ディーン・クーンツ『闇の眼(The Eyes of Darkness)』という作品である。

画像1

『闇の眼』(光文社文庫)。

 物語の舞台はアメリカ。ある少年がボーイスカウトの旅行中、バス事故に巻き込まれ亡くなってしまうのだが、母親はある不思議な経験から息子の死に疑問を持ち、真相を追求していくーーという内容だ。

この続きをみるには

この続き: 2,037文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。