空を漂うクラゲ形UFOから大統領官邸を闊歩する半透明エンエィティまで……2020年・世界の超常現象/並木伸一郎
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

空を漂うクラゲ形UFOから大統領官邸を闊歩する半透明エンエィティまで……2020年・世界の超常現象/並木伸一郎

新型コロナウイルスに席巻された2020年。未だいい知れぬ恐怖に包まれたままのこの世界では、やはり科学では解明しきれない超常現象が起こりつづける。その数々の謎と怪奇を、今年もまた紹介する。

文=並木伸一郎

ポポカテペトル火山の火口から飛び出すUFO

 2020年4月20日、UFO多発地帯として世界的に有名なメキシコのポポカテペトル火山(標高5426メートル)を映すライブカメラが、ギラギラ光る巨大UFOを捉えた火口から出て空中に飛び去る様子が公開されている。

画像8

画像9

画像10

上から順に、ポポカテペトル火山の火口から飛び出すUFO。どこへ向かったのか?

 この火山には古代、メキシコの町と同等の大きさの巨大な異星人基地が深さ5〜6キロの地下にあったとの説でも知られている。
 そしてまた、ライブカメラは現在も頻繁に、UFOが火口を出たり入ったりするところを映している。
 台湾在住のアメリカ人UFO研究家スコット・ワリングは、
「これは今もそこに異星人の基地があること、そこに住む異星人が巨大なUFOを保持している、さらなる証拠といえる。火口は直径約600メートルある。それを踏まえれば、UFOの直径は50メートルは下らない。これは地底深部にある基地へ行くため、異星人がこの火山を利用していることの確たる証拠だ」
 と述べている。

クラゲ形UFOがブラジル上空で激写される!

この続きをみるには

この続き: 11,690文字 / 画像41枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年11月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年10月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。