見出し画像

旧約聖書「エレミヤ書」の”史実”を裏付ける遺物が発見された!/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

神話であり歴史書である「旧約聖書」の記述を”史実”として裏付ける遺物が発見された。エルサレム旧市街で、「エレミヤ書」の登場人物を記す粘土石が見つかったのだ。

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

ユダ王国時代を伝える”史料”

 旧約聖書にある『エレミヤ書』が史実であることを証明する遺物が、古都エルサレムの旧市街にある遺跡「ダビデの町」から発見された。
『エレミヤ書』とは、旧約聖書における3大預言書の1つであり、ユダ王国の滅亡とバビロン捕囚という激動の時代を書き記したもの。研究者らは聖書に登場するユダ王国の存在を示す証拠だとしてさらなる調査を進めている。

 発見されたのは約2600年前の印章が押された「ブラ」という直径1センチほどの粘土石。ここに『シュレムアの子ユカル(エフカル)』という名前が記されていたことが明らかになった。この『シュレムアの子ユカル』とは旧約聖書「エレミア書」38章1節に登場する、ユダ王国・ゼデキヤ王の廷臣とされる人物だ。ユカルは、繰り返しユダ王国の滅亡を預言するエレミヤの処刑を求めた4人の側近のうちの1人で、エレミヤを泥の溜まった古井戸へと突き落としたとされている。

 今回発見されたブラはパピルスなど巻子の紐を止める際、署名代わりに自分の名を刻んだ印章を押す柔らかい粘土石で、ユカルは身分が高かったことから公式な文書に押印したものと考えられている。
 また、この「ダビデの町」では、他にも『パシュフルの子ゲダルヤ』と刻まれたブラも発見されているのだが、このゲダルヤもまたゼデキヤ王の側近であり、ユカルとともにエレミヤの処刑を求めた人物だ。『エレミヤ書』の同じ聖句に出てくる人物のブラが、2つも同じ場所で出土したのはイスラエル考古学史上初めてだという。

この続きをみるには

この続き: 631文字
記事を購入する

旧約聖書「エレミヤ書」の”史実”を裏付ける遺物が発見された!/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

200円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!