見出し画像

カナダのUFOスポットに飛来した「チャーリー・レッドスター」の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

UFOホットスポット、マニトバには住民からニックネームをつけられるほど親しまれたUFO事件がある。「チャーリー・レッドスター」の正体は、地元施設の監視者だったのか?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

カナダのUFOホットスポット、マニトバ

 近年UFO目撃情報が多発しているカナダ。なかでも手つかずの自然が多く残されているマニトバ州は、古くから謎の飛行体が目撃されているホットスポットである。
 とくにUFO目撃事件が相次いでいた1960年~1970年代。マニトバ州南部に位置するペンビナ・バレー地域のカーマンという農村では、約2年もの間UFOが目撃され続けていた。

 人口3000人ほどの小さな村・カーマンに初めてUFOが現れたのは1975年2月。ある男性が納屋で作業をしていた時のこと。突然現れたボール型の飛行体が、納屋や男性の周辺を飛び回ったのだ。それは直径35~45cmほどの大きさで、赤く光り輝き、焼け付くような熱を発していたという。
 そしてこの奇妙な出現から時をおかずして、すぐさま村のあちこちで同じような飛行体が目撃され始めるのだ。時には住民のすぐ近くまで降下し、周囲をホバリングしていたといたそうだが、その様子は子供がはしゃぎ、飛び回っているようだったという。

 だが驚くのはこればかりではない。
 4月になると、今度は巨大なUFOが出現するようになるのだ。それは直径25mほどの、上部がドーム状に膨らんだ円盤型の物体で、脈動するように赤く光り輝いていたという。
 目撃者が残したスケッチによると、機体の上下は別々の方向に回転し、楕円形の窓が中央部に16個並んでいたということだ。
 UFOは毎晩のように現れ、時には遊び心のある空中アクロバットショーのような飛行をして見物人を喜ばせていたらしい。住民に危害を加えることなく、夜空を飛び回るこの奇妙で不思議な飛行体を住民らは『チャーリー・レッドスター』とイウニックネームを授け、ついには歓迎するようになったのだ。

レッドスターと核施設の関係は?

 噂を聞きつけ取材に訪れたテレビ番組も、チャーリー・レッドスターの撮影に成功している。当時の技術では残念ながら赤い光しか映っていないが、放射線測定器で周辺を調査したところ、数カ所で異常値が確認できたそうだ。他にも、パイロットや警察官を初め、数多くの目撃証言が残されていることからかなり信憑性の高いUFO目撃事件の1つではないだろうか。
 その後、チャーリー・レッドスターは1976年を境に姿を消したとあるが、背景には国境近くにあった極秘核施設が関係しているようだ。ある説によると、1975年の終わりまでそこで核ミサイルが研究・開発されていたことから、チャーリー・レッドスターは核施設の偵察に来ていた可能性が高いと推測されている。

 マニトバ州はかの有名なファルコンレイクUFO遭遇事件やUFO墜落事件など歴史に残る事件が数多く起きている。今となってはチャーリー・レッドスターの目的を知るすべはないが、UFOを引き付ける何かがこの地にあったのだろうか。
 カナダでは過去に元国防相が異星人やUFOの存在を公に認め話題になっている。今後もカナダのUFO目撃情報に注視していきたい。


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。