『WILD HALF』執筆中に心霊体験続発! 浅美裕子インタビュー
見出し画像

『WILD HALF』執筆中に心霊体験続発! 浅美裕子インタビュー

「週刊少年ジャンプ」で『WILD HALF』を連載した浅美裕子氏は、新人時代に、『地獄先生ぬ~べ~』の岡野剛氏のもとでアシスタントを務めていた。その際、他のアシスタントを巻き込んで、数々の心霊現象を体験したという。
今回は、漫画制作の現場に恐怖をもたらした、浅美氏へのインタビューが実現! 岡野氏が「怪奇現象の元凶は浅美先生です!」と名指しするほどの、恐怖体験とはいかなるものなのか?
連載中に起こった出来事を、徹底的に深掘りしてうかがった。

取材・文=山内貴範 #ムー民クリエイター
協力=浅美裕子、岡野剛、真倉翔、集英社

画像1

浅美裕子(あさみ・ゆうこ)
1966年、埼玉県出身。1991年、『週刊少年ジャンプ』で『天より高く!』を初連載。1996年から連載開始した『WILD HALF』がヒットし、代表作となる。猫3匹と生活する愛猫家でもあり、近年は同人誌で猫漫画『猫またハイロ』を描いている。『地獄先生ぬ~べ~』の初期のチーフアシスタントとして、岡野剛氏の連載を支えていた。

画像2

主人公のサルサが登場する『WILD HALF』の記念すべき連載第1話。漫画の内容からは想像できないが、制作の現場では数々の心霊現象との戦いが繰り広げられていたのだ!

幽霊に動じていられない執筆現場

――今回は、岡野剛先生の熱烈な推薦(?)で浅美裕子先生にご登場いただきました。岡野先生によれば浅美先生はとても霊感が強く、職場で数々の心霊体験をしたそうですが。(こちらの記事を参照
浅美:え~と、岡野先生はそう言いますけど、私は自分では霊感がないと思っているんですよね(笑)。
――ええっ!? でも、数多くの霊を見たとうかがいましたけど…?
浅美:だって漫画みたいなドラマチックな経験や、神様に会ったこともないので。この取材、本当に私が対象でいいんですかね(笑)?
――いえいえ、ぜひ浅美先生に、心霊体験を詳しく語っていただきたいです。
浅美:私が岡野先生のもとでアシスタントをしていたのは1年半ちょっとの期間でしたが、その間に仕事場が1回変わっています。最初の仕事場では、窓にべた~っと貼りついている女性を見たんです。部屋にあったガラス戸付きの本棚にも、女性の顔が映っていたことがありましたね。当時、私は泊まり込みでアシスタントをしていました。仮眠のとき、岡野先生は二段ベッドの上を貸してくれたんですけど、ベッドの縁に懸垂しているようにぶら下がる女の子の霊がいたこともあります。
――十分な心霊現象ですよ、それは! 霊感がないとは思えないんですけど……。その仕事場の建物は古かったとか、霊が出そうな環境だったのでしょうか。
浅美:いえ、築10~20年くらいの建物なので、そこまで古くはないですね。ただ、どの女の人も続けて出なかったので、アパートが霊の通り道のようになっていて、通りすがりに現れたのかなと。あと、今思えば、連載がとにかくハードだったので、見えないものが見えちゃったのかなとも思います。
――鳥山明氏も『Dr.スランプ』の連載中に、ペン入れをした記憶がない話があると語っていますが、『ぬ~べ~』の現場も〆切前は相当な修羅場だったのでしょうか。
浅美:岡野先生は当時、奥さんと結婚されたばかりで、サラリーマンと兼業しながら週刊連載をしていました。漫画家って、連載が打ち切られると仕事がなくなっちゃいますから、3年ほど兼業していたらしいですよ。朝起きたら岡野先生が出勤したあとで、机にペン入れをしたばかりの原稿が置かれているような状態でした。
――岡野先生、超人ですね(笑)。アシスタントの皆さんの苦労がわかります。それほど忙しい中、ベッドで女の子の霊が現れたらゆっくり寝ていられなかったのでは?
浅美:疲れをとることが最優先ですから、すぐ寝ていました。〆切が毎週やってきますから、原稿を仕上げるのに必死で、女の子の霊なんか見ても「知るか~~~!!」という感じでしたね(笑)。はっきり言って、岡野先生が朝にいないほうが“怖かった”ですよ(笑)。
――霊より〆切の方が怖い、と(笑)。
浅美:〆切と比べたら、霊なんて、頬を撫でるそよ風みたいなものです。その後、『ぬ~べ~』の人気が上がってさらに忙しくなったので、別の広い仕事場に移ったんです。すると、今度は隣の部屋から“壁ドン”の音が何度も響いてきました。力強かったので、おそらく男性のようでした。さすがにうるさいので、岡野先生に「隣人がうるさいって、大家さんに苦情を入れてくださいよ!」と話したんです。すると、大家さんが「えっ、隣は空き室ですけど?」と言ったらしいんですね。さすがに怖くなって、アシスタントのみんなで盛り塩をして寝たら、朝に手で払ったみたいに盛り塩が崩れていたんです。

この続きをみるには

この続き: 3,134文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。