見出し画像

上野・御徒町の“電電怪談”/吉田悠軌・怪談解題

この秋、ムー編集部は五反田から上野・御徒町の新オフィスへと移転する。
というわけで、今回は引っ越し直前記念として上野・御徒町の怪談を特集。
震災や幕末動乱期の影を色濃く残すこの地には、今もあの悲劇の一団にまつわる話が眠っている。

文・写真=吉田悠軌 #怪談解題

画像1

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今月の一枚は御徒町のシンボル、アメ横看板前にて。

怪談 電話局にあらわれる血まみれの武士

 御徒町の怪談といえば、NTT上野ビルを筆頭にあげるべきだろう。
 幾つもの時代をまたぐ話だが、まず1961(昭和36)年から始めたい。

 電話機の普及にともない、電電公社(現NTT)ビルの拡張工事が行われていた時のこと。現地局員と公社側とで、あるトラブルが発生した。工事の最中、敷地内にあった墓碑が撤去されてしまったのだ。片隅に置かれた、粗末なコンクリートの碑だったので、無用と判断されたのだろう。
「あの墓を壊すなんて、とんでもないことを」
 憤慨した局員たちが、なにも知らないお偉方に事情を説明する。
 この建物の改築は初めてではない。1925(大正14)年、関東大震災で壊れた下谷電話局(当時)の再建工事中、さまざまな異変が起こったというのだ。
 まず基礎工事の際、おびただしい数の白骨や刀の鍔・小柄が発掘される。さらに工事を続けると、作業員たちの事故があいついだ。作業員の振りあげたツルハシが、後ろの同僚の首に突き刺さり即死、足場が崩れて3名の作業員が転落、下にいたものも巻き込まれて重傷などなど……。そうした事故が、きまって毎月「17日」に西南の方向、つまり白骨や刀が掘り出された地点で起きたという。

この続きをみるには

この続き: 4,301文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」2020年8月に配信した記事分のまとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
14
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。