ムーPLUS
ブラジルでUFO墜落! ウバトゥーバ事件の証拠をスタンフォード大学が分析!
見出し画像

ブラジルでUFO墜落! ウバトゥーバ事件の証拠をスタンフォード大学が分析!

ムーPLUS

1957年、ブラジルのサンパウロ州ウバトゥーバで起きた「ウバトゥーバUFO爆発事件」で回収された金属片は、現在も分析が行われている。最新技術を用いた分析の結果、やはり金属片は「地球外の何者かの意思」によって造られたものだと判明した!

UFO事件の真相 文=並木伸一郎

ブラジルで起きたUFO爆発事件

 1957年、ブラジルのサンパウロ州でUFOの爆発事件が起きた。通称「ウバトゥーバ事件」。同年9月10日、同州ウバトゥーバの町プライアダス・トニアスの海岸で、降下してきた円盤形UFOが海面近くで突如、爆発・飛散したのである。

事件現場のウバ トゥーバの海岸。
ウバトゥーバ事件のイメージイラスト(イラスト=坂野王道)。

 事件が公になったのは、同年にリオ・デ・ジャネイロの新聞「オ・グローボ」紙のイブラヒム・スエド記者のもとに、ある人物から一通の手紙が寄せられたことがきっかけだった。手紙には、差出人=目撃者による事件の一部始終が書かれていたという。

 当時、現場には家屋がせいぜい6〜7軒しかなく、住民や地元の漁師は、訪れた観光客のために、しばしば釣りを楽しませていた。当日の昼すぎ、友人たちと海岸で釣りをしていたとき、空飛ぶ円盤が猛スピードで降下してきた。あわや海に墜落しそうになったが、間一髪、急角度で急上昇していった。
 だが、すぐに円盤は火を噴いて爆発し、機体は花火のように分裂して落下。飛散したおびただしい数の火のついた破片のほとんどは海に落ちたが、差出人は岸辺に落ちた小さな破片を拾い集めたという。
 さらに、この手紙には差出人が回収した破片が同封されていた。表面が不規則で鈍い灰色をした、岩のかけらのような3つの破片は、まるで紙のように軽かったという。

手紙に同封されていた金属片のひとつ。

この続きをみるには

この続き: 3,220文字 / 画像7枚
記事を購入する

ブラジルでUFO墜落! ウバトゥーバ事件の証拠をスタンフォード大学が分析!

ムーPLUS

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。