見出し画像

アンティキティラ装置が甦る! 世界最古の非プログラム式コンピューターを復元図解/宇佐和通

120年前に、沈没船から発見された機械装置。「古代のコンピューター」と目されながら、これまで多くの謎に包まれていたオーパーツの実態がついに明らかになった!

文=宇佐和通

画像1

アンティキティラ装置から復元された、宇宙ディスプレイのコンピューターモデル。中心に地球、さらに月の位相、そして水星、金星、火星が置かれている。

スクリーンショット (43)

アンティキティラ装置のカバーには、碑文が刻まれていた(左)。また、その内部は、現代の機械時計のように複雑な歯車やパーツで構成されている(右)。

A Model of the Cosmos in the ancient Greek Antikythera Mechanism/Author:Tony Freeth et al Publication:Scientific Reports/Publisher:Springer Nature/ADate:Mar 12, 2021/Copyright © 2021, The Author(s)

初のコンピューターアンティキティラ装置

 ピリ・レイス地図、パールベックの巨石、クリスタル・スカルーいずれも「オーパーツ(場違いな工芸品)」と呼ばれるものだ。もちろんこの言葉から、ほかにも人はさまざまな遺物を思い浮かべることだろう。しかし、もしもオーパーツのベスト10を作るとしたら、必ずそのなかに入ってくるであろうものがある。それが、アンティキティラ装置だ。

この続きをみるには

この続き: 5,634文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。