統人行事のスサノオ=牛頭天王と陰陽呪術ライン/吉田悠軌・オカルト探偵
見出し画像

統人行事のスサノオ=牛頭天王と陰陽呪術ライン/吉田悠軌・オカルト探偵

秋田県に伝わるとびきりの奇祭、統人行事(とうにんぎょうじ)の牛乗り神事。祭りを取材した探偵の推理は、金沢の怪談現場にリンクする。
そこには封印された異形の神「牛頭天王(ごずてんのう)」の秘密があった!?
(ムー 2019年1月号掲載)

文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵

プロフィール

吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の写真は、牛乗り行列を追いかけながら撮影した一枚。

神話を再現? 東北に伝わる奇祭を取材

 少し前になるが、とある神秘的な祭りを見学してきた。その名は「統人行事(とうにんぎょうじ)」。秋田県は男鹿(おが)半島の境をまたぐ天王町(潟上[かたがみ]市)と船越(男鹿市)にて催される、東湖八坂(とうこやさか)神社の奇祭である。

画像4

牛乗り人の視線の先にあるのが、くも舞船。

 統人行事そのものは一年を通じて行われ、その年の祭礼担当者(=統人)や地域住民が、ここでは書ききれないほど多岐にわたる行事をこなしていく。ただハイライトはやはり7月7日の本祭における「牛乗り」「くも舞」だ。

この続きをみるには

この続き: 3,715文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で2020年12月に配信した記事分のまとめです。定期購読は重たいという方、こちらをどうぞ。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。