見出し画像

アメリカ・イリノイ州でビッグフットに遭遇! 周辺で相次ぐ目撃証言から「本物」!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

ムーPLUS

北米に生息する獣人UMAビッグフット。イリノイ州での目撃報告は専門家も「間違いない」というが……現地の報告をレポート!

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

35メートル先の大型生物を目撃!

 最も実在する可能性が高いといわれる獣人UMA「ビッグフット」。その目撃報告は日々絶えることがない。ムーでも幾度となくビッグフットの目撃談を紹介してきたが、今回、専門家が「これは間違いない」と主張する遭遇事件が発生した。

 その事件が起きたのは2021年11月27日の夜10時30過ぎ。米イリノイ州・カス郡でのことだ。
 設計技師のパトリックはその仕事を終え、ティズウェルにある自宅へと車を走らせていた。ハイウェイは約1km先を走る車のテールライトが見えるくらいで、後続車もなく、周囲は暗闇に包まれていたという。
 そしてチャンドラービルという田舎町を通過した、その時のこと。突然、道路の脇の茂みから得体のしれない大型生物が車の前に飛び出してきたのだ。
 その大型生物までの距離は35メートル程で、驚いたパトリックはとっさに急ブレーキを踏んだという。

「それは全身が黒い毛に覆われていました。道路に走るように飛び出してきたかと思うと、体を前傾させ2回のジャンプで道路を飛び越えていったのです」

 わずか2秒ほどの出来事だったというが、パトリックははっきり姿を見たと断言している。さらにその大きさについても「前傾姿勢をとっていたにも関わらず、頭が車のルーフに届くほどだった」と証言しており、すぐにビッグフットだとわかったということだ。

周辺で25例もの目撃報告

 パトリックはこの出来事についてビッグフットを科学的に研究・追跡している団体「the Bigfoot Field Researchers Organization (BFRO)」へと報告。するとBFROディレクターであり、調査員のマシュー・マネーメーカーが、“近年まれにみる本物のビッグフット目撃情報”として、正式に発表したのだ。

 BFROではこれまでカス郡からの報告は1度もなかったということだが、隣接する町では過去に25件もの目撃情報が寄せられているという。マネーメーカー氏によると、恐らくカス郡の人口が1万人ほどの過疎地域であることから、奇跡的に目撃が報告されていなかっただけで、周辺地域はビッグフット目撃のホットスポットになっているということだ。

 カス郡とその周辺地域に出現するビッグフットの関係性は今のところ不明である。しかし地元の人々によると、この地にはビッグフット一族が住んでいると古くから伝えられているようだ。

 今回目撃が報告された場所の地図を詳しく見てみると、現れたのはどうやらサンガモン川を渡ってすぐの野生生物保護区域周辺のようだ。これまで幾度となく緑が生い茂った川沿いでビッグフットが目撃されているのはご存じの通り。ドライブレコーダーなどの映像が残されていないのが非常に残念だが、今回現れたビッグフットの情報は彼らの生態を知る貴重な手がかりとなるのだろうか。今後の情報に期待したいと思う。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムーPLUS
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。