遮光器土偶=古代宇宙飛行士を示す平成レトロ物証を追う!/山下メロ・平成UMAみやげ
見出し画像

遮光器土偶=古代宇宙飛行士を示す平成レトロ物証を追う!/山下メロ・平成UMAみやげ

平成レトロの視点では、遮光器土偶は平成初期に重要なキャラだった!
バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

「平成レトロ」というキャッチフレーズ

 ここ最近、世間では「平成レトロ」という言葉が話題となっています。
懐かしいと感じる平成初期のアイテムや文化のジャンルとしてこの言葉を提唱したのは私です。
 平成という時代が終わるのが決まるよりも前から、
 平成文化が無価値のように扱われている現実に危機感を持ってもらおうと思い、提唱しました。

0ファンシー絵みやげ

筆者・山下メロは平成レトロの象徴として「ファンシー絵みやげ」を収集している。

平成初期の重要キャラとしての遮光器土偶

 そんな平成時代の初頭に顕著だったキャラクターが、古代宇宙飛行士説の裏付けとして扱われる縄文時代の遮光器土偶であることを知っていますでしょうか。

ムーでも定番のテーマで、大特集に組み込まれることもしばしば。

 遮光器土偶は、その名の通り遮光器を付けたような顔をした土偶で、青森県の木造を中心に出土しました。
 遮光器や体の模様から、これは古代に地球に飛来して人類に知能を授けた宇宙人を模したものではないかいう説があるのです。

 今回、例として筆者の友人宅にあった高さ50センチくらいある遮光器土偶のレプリカを紹介します。

画像2

 友人は、娘さんの結婚式にて新郎新婦から両親への贈り物としてもらったそうです。両親にビッグサイズの遮光器土偶を贈るというのは、かなりぶっ飛んでますね!

 それはさておき、なぜこの遮光器土偶が平成初期に重要かと言いますと、まずはドラえもんの映画『のび太の日本誕生』があるのです。
 1988年、昭和の末期からコロコロコミックで原作が連載され、平成元年の1989年にアニメーション映画として公開されました。その映画の中に登場するギガゾンビの手下が、遮光器土偶モチーフのツチダマという敵だったのです。ネーミングとしては「土偶」を訓読みして「つち」「だま」なのでしょう。

「のび太の日本誕生」は2016年に「新」版が公開された。土偶のツチダマは変わらず登場。

 さらにその翌1990年(平成2年)、当時人気だったファミコンのRPG『ドラゴンクエストIV』にも遮光器土偶は登場します。
「どぐうせんし」「いしにんぎょう」「うごくせきぞう」「ミステリドール」と、色違いで4パターンの土偶モンスターがいるのです。

 はっきりとした理由は分かりませんし、偶然なのかもしれません。
 昭和時代には遮光器土偶をモチーフにしたミクロマンコマンドという玩具もありましたが、確かに平成初期、漫画・アニメ・TVゲームと、子ども向け文化に遮光器土偶が登場していたのです。

 平成初期と遮光器土偶は、1989年のドラえもん、1990年のドラクエ、そして1991年にも重要な出来事があります。

遮光器土偶の駅舎

 1991年(平成3年)、ふるさと創生事業による交付金で青森県つがる市・五能線木造駅駅舎の改修が行われました。
 なんとその駅舎には、2階建ての建物の屋上部分まで突き出した巨大な遮光器土偶の像が張り付いているのです。

画像3

写真=Wikipedia

 地元の方たちに”シャコちゃん”と呼ばれているこの像のモチーフは、地元の亀ヶ岡遺跡からの出土品で、重要文化財となっているもの。
 数々の土偶が国宝に選ばれているにもかかわらず亀ヶ岡の遮光器土偶は国宝になっていません。

画像4

 このように、国宝土偶のガチャガチャを回しても、あの有名な遮光器土偶は出てこないのです。

遮光器土偶の土産は存在するのか

 1980年代~1990年代に全国の観光地にあふれていた子ども向け雑貨土産を「ファンシー絵みやげ」と呼んでいます。
 その中に遮光器土偶はありそうで見つかっていません。

画像5

青森県のファンシー絵みやげの例。りんごに関するお土産が多い。

 そんな中、見つけたファンシー絵みやげ的なキーホルダーがこちらです。

画像6

 なんと、宇宙人っぽいアンテナが生えた空飛ぶ遮光器土偶!?!?
 これはまさに古代宇宙人説を裏付けるものなのでは!?!?
 しかも青森県の名産品であるリンゴのようなものを持っているではありませんか。
 なぜかリンゴがストライプですが……。

 これは一体なんなのか……次回さらにこの謎に迫っていきたいと思います。

では、また次回。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。