メンタリストの悪魔祓い事件簿/ロミオ・ロドリゲスjr.
見出し画像

メンタリストの悪魔祓い事件簿/ロミオ・ロドリゲスjr.

アジア最強のメンタリスト、ロミオ・ロドリゲスjr.。彼はほんの数年前まで、神も悪魔も信じてはいなかった。
ところが、友人の妻が突如として悪魔に取り憑かれ、思いがけないなりゆきでそれを祓ってからというもの、運命が音を立てて変化していった。行った悪魔祓いは、これまで56件。そのなかで彼は、何を見て、何を感じたのか。

文=ロミオ・ロドリゲスjr.

悪魔と対峙するメンタリスト

「イエス・キリストの名前により命令する。この体の中に入っている悪しきものよ、今すぐに出ていけ!」
 依頼を受けて名古屋の某所へ出向いた私は、いつものように悪魔祓いをはじめた。その場には、悪魔に憑依された女性、悪魔祓いの依頼者、そして私とアシスタントがいた。
 いつもなら、こうして10分ほど祈りつづけると、憑依された者は苦しみだし、唸り声を発しはじめるのだが、この日は違っていた。
「悪しきものよ、姿を現せ!」
 くり返し言葉を投げかけても、目の前の女性は苦しむどころか微動だにしない。まるで息をしていないかのように、じっとしている。
 いや、そうではない。よく見ると、女性の喉が信じられないくらいの速さで震えているのがわかった。はじめて見るケースだ。体をこわばらせ、喉だけを高速で震わせるその様子からは、悪魔祓いをかたくなに拒み、私の言葉をいっさい無視するという意志が感じられた。
 しばらく膠着状態がつづいた。どう対処したものかと悩んでいると、家の2階から人の気配がした。明らかに人が動いている。
「今、2階にだれかいますか?」
 依頼者に尋ねた。
「いいえ、この家には私たちしかいません」
 困惑ぎみの答えが帰ってきた。
 しかし、依頼者もアシスタントも、2階にだれかがいることをはっきりと感じていた。
 パチッ、パチッと、頭上からラップ音が聞こえてくる。その奇妙な音は、私たちをあざ笑うかのように、2階のあちこちを移動していた。
 この日、悪魔は私たちの前に姿を現さず、悪魔祓いは失敗に終わった。女性には念のため洗礼を授けたが、その儀式の最中も無反応のままだった。

画像1

メンタリストにしてエクソシスト(悪魔祓い)のロミオ・ロドリゲスJr.氏。

画像2

2020年に東京の某所で行われた悪魔祓いの風景。依頼者の腹部に手を当てていると、中で何かが動くのを感じることもあるという。

画像3

ロミオ・ロドリゲスJr.氏の著作『メンタリズム 最強の講義』(日本実業出版社)。香港大学での講義がベースになっている。Amazon

約3年半の間に56件の悪魔祓いを行う

この続きをみるには

この続き: 15,043文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。世界の謎と不思議をご案内します。 ※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを禁じます。