見出し画像

世界神道樹立を目指し地球全体を魔界と喝破! 神道系霊能者・金井南龍/不二龍彦

ムーPLUS

戦後の神道系行者として独自の神道を確立した金井南龍かないなんりゅうう。その過激にして豊穣な知と行の蓄積は異彩であるがゆえに、今日に至るまで敬遠され、無視されてきた。そんな金井南龍の足跡を追いながら、彼の主張の一端に迫ってみたい。

日本神人伝◉ 文=不二龍彦

神道講習会における南 龍(昭和36年・43歳)。

皇家神道に対抗し独自の神道を確立

 戦後に現れた神道系行者のうち、金井南龍以上に過激かつ豊穣な知と行の蓄積をもった人物を筆者は知らない。神道家でありながら、彼は天皇家および皇家神道を完膚なきまでに否定した。
 さらに、皇家神道にとって替わる世界神道樹立の下準備のために、かつて豊鍬入姫とよすきいりひめと倭姫がつくりあげたイワサカ──天照大神の御杖代みつえしろとして畿内を中心とした29か所の霊地(元伊勢)を巡り、外敵から皇家を護るために両姫がつくりあげたとされる「光の壁」=五十鈴フトマニ・クシロに替わる来るべき新時代のイワサカを、自ら29か所の火山霊地を巡ってつくりあげたと宣言した。

 天皇家を外から来た勢力とし、とくに古代朝鮮の新羅しらぎとの密接な関係を強調した南龍は、皇家神道を日本でしか通用しないローカルな「島国神道」だと断定した。スメラミコトの役割は、ほんらい「霊統」によって継承されなければならない。ところが皇家神道は、「霊統」を「血統」にすり替えて国を支配する道をつくった。
 この君臨は、天皇およびその取巻きたちが「自分達にとっては都合の悪い神々」を根の国底の国に封じ込めることによって成立した。全宇宙の妣神ははがみであるイザナミ大神をはじめ、さまざまな「ヌシ」の神(天御中主、大国主など御名に主のつく神々)、世界各地の白山と光の道で連携している白山系の白山姫や白山菊くく理り姫ひめなど数々の神々を封印し、「身勝手な奇ッ怪神道を急々如律令的な鉄砲水の土砂をブチかませて……造成した」。けれども、そんな神道は虚構にすぎない。そもそも「血筋の上には神の方の系統は乗らない」。だから血筋絶対の皇家も、家元や宗家も、新興宗教の教祖らも、「みんな血筋で崩れる」のだと力説した。

 皇家神道が無二の神典とする『古事記』や『日本書紀』の神代巻についても、南龍は読み方がまちがっていると強調した。神道学者らは記紀を「血統戸籍書」として読み、かつ国民にもそのように読ませてきた。しかし、記紀の神代巻は天皇家の血統譜などではない。それらは『聖書』と同じく「ミタマの継承譜」にほかならない。それを血統譜にすり替えたところに、この国でしか通用しない島国ローカル神道の根本的な欺瞞があるというのだ。

「私が審神をしてみますと、124代継いでいる天皇達には本もののスメラミタマを持った者は見当たりませんヨ。そして現在の天皇家にもなんです」

 このように、従来の神道思想や行、儀式の在り方などを次々と否定し、まったく独自の神道を打ち立てた金井南龍とは、いったいどのような人物だったのか。その人生を追っていこう。

この続きをみるには

この続き: 7,027文字 / 画像10枚
記事を購入する

世界神道樹立を目指し地球全体を魔界と喝破! 神道系霊能者・金井南龍/不二龍彦

ムーPLUS

300円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムーPLUS

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!